ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

機内のエンターテイメントでAirPodsを使えるようにするデバイス「AirFly」登場

AirPods愛用者に朗報。3.5ミリのイヤホンジャックを搭載するデバイスでAirPodsを使えるようにするデバイス「AirFly」が登場した。

飛行機のエンターテイメントを利用するとき、有線タイプのイヤホンの使用を余儀なくされる…なんてことをなくすお役立ちグッズだ。

・AirFly が音をリレー

AirPodsの愛用者はiPhoneやiPadのユーザーがほとんどだろうが、実際はAndroid端末ともペアリングできる。

それはBluetooth対応端末であるというのが前提であり、飛行機のエンターテイメントシステムでは使えない。しかし、それを可能にするのがAirFlyだ。

AirPods とペアリングしたAirFlyを3.5ミリのイヤホンジャックにつなぐと、AirFly が音をリレーしてAirPodsで聴けるようになるのだ。

・8時間駆動

機内エンターテイメントの他にも、AirFly はBluetooth対応でないテレビやモニターなどでも使用できる。なので、有線タイプのイヤホンをわざわざ用意しなくてもいい。

実際、一度ワイヤレスに慣れてしまうと、有線に戻るとかなり不便に感じるもの。そうしたギャップをAirFlyは埋めてくれる。マイクロUSBで充電し、フル充電すると8時間使用できるとのこと。

AirFlyはApple製品のアクセサリーを手がける米企業Twelve Southが開発。現在、同社サイトで39.99ドル(約4400円)で予約を受付中で、5月21日から発送を開始する。日本へも送ってくれるようなので(送料別)、いつでもマイAirPodsを使いたい、という人は要チェックだ。

AirFly

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。