ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富士フィルム、インスタントフィルムカメラ「SQ6」を発売

細かな設定なしに撮影を楽しみたい。撮ってすぐにプリントで見たい。プリントを友達と共有したい。

そんな人にぴったりのインスタントフィルムカメラを、富士フィルムが間もなく発売する。真四角デザインがかわいい「instax SQUARE SQ6」。女子旅などにうってつけそうだ。

・シャッターを押すだけ

デジタル全盛の時代にあって、いま密かにインスタントフィルムカメラ市場が熱い。その魅力は、フィルム特有のぬくもりだったり、物理的に写真を共有したりできることにあるだろう。

SQ6で旅や日常の一コマをさっと切りとるのに、難しい設定は不要だ。オートモードではシャッターボタンを押すだけでシャッタースピードやフラッシュを調整してくれる。

どういうシーンをどのアングルで撮るかに“専念”することで、平凡なシーンも非日常になりそう。

・カラーフィルター3色

セルフィーモードが付いているのも、時代のニーズに合ったものだろう。ピンボケしがちな自撮りも、これならバッチリ。加えて、セルフタイマーも付いているので、集合写真で撮影者だけ映れない、なんてこともない。

ユニークなのは、フラッシュに取り付けるカラーフィルター。オレンジ、紫、緑の3色が用意されていて、写真の雰囲気を変えて楽しめそうだ。

SQ6の価格はオープンとなっているが、富士フィルムのオンラインショップでは1万7150円(税込)となっている。発売日は5月25日で、すでにオンラインショップで予約を受け付けている。

instax SQUARE SQ6

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy