ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボストン・ダイナミクス、4本足歩行ロボ「SpotMini」を来年発売へ

Techableでは先日、ボストン・ダイナミクス社のロボット「Atlas」と「SpotMini」の動画を紹介した。

そのSpotMini、ボストン・ダイナミクス社が2019年にも発売することを明らかにした。SpotMiniは四つ脚の犬型ロボットで、施設や建物内のパトロールといった活用方法を想定しているようだ。

・急速に進化中!

先日案内したビデオにある通り、SpotMiniはマップデータや3Dビジョンシステムで空間を認識しながら、建物内を自由に移動できる。

ビデオでは、SpotMiniは迷子になったりすることはもちろんなく、細い通路も壁にぶつからずに通り、そして階段も上り下りするなど、その進化ぶりを見せつけた。

・“番犬”として

SpotMiniにはアームを搭載するバージョンもあり、以前公開されたビデオでは、このアームを使ってドアを開けていた。つまりオフィスや工場といったところで人の手を借りることなく行動できるのだ。

そうしたことから、セキュリティの役目を担わせると、まさしく“番犬”となる。

SpotMiniは現在、プロトタイプが10体あるのみで、まずは年内に100体を製造する見込みだ。価格などについては不明。そうお安いものではないだろうが、そのうち一般家庭の庭先にもロボット犬が登場する日がくるのかもしれない。

SpotMini/Boston Dynamics

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy