まさに間一髪の瞬間 自転車レースでサポートカーが暴走する事故

access_time create folderエンタメ

病気や事故などで一旦は死を覚悟したものの、死の淵から生還すると人生観が変わると聞いたことがあります。35才のイギリス人男性、フィリップ・サリバン氏の人生観も今後変わっていくのかもしれません。

5月3~6日までイギリスで開催された自転車レース、ツール・ド・ヨークシャー(Tour de Yorkshire)にボランティアの係員として参加していたサリバン氏。右へとカーブする道路の真ん中で旗を振るサリバン氏の横を自転車の一群が走り去ります。直後に何台ものサポートカーが続きますが、なぜかアスタナ・プロチームのサポートカーが、まるでそこに誰もいないかのように道路真ん中へと突っ込んできます。素早い身のこなしで右側へと逃げたサリバン氏ですが、サポートカーは標識を直撃。まさに間一髪の瞬間です。

https://twitter.com/nathlukecurrie/status/993193393814634496


https://twitter.com/nathlukecurrie/status/993163504537481217
サポートカーに吹き飛ばされた標識。

標識はダメージを受けましたが、幸いにもサリバン氏は無傷だったそうです。生死を分けたのは一瞬の判断でしたが、こういった場面には遭遇したくはないものですね。

※画像:
https://twitter.com/nathlukecurrie/status/993193393814634496

※ソース:
http://www.bbc.com/news/uk-england-leeds-44029144

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧