ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポケットサイズのPC「Mini PC」はAndroidとWindowsを搭載してたったの約1万5000円

小型PCや小型ドローンと、最近はなにかと小型化が注目される。もはやそれくらい私たちの生活に「ポータビリティー」という要素が必要不可欠なのだろう。

今回紹介する超小型PCこと「Mini PC」は、ハマる人にはがっつりハマりそうなポケットサイズのPCだ。

・超小型なのにしっかりとPC

Mini PCは、横幅13.5cm、縦幅9cm、厚さ1.6cmという超小型にもかかわらず、Intel Atom x7プロセッサ、8GBのRAM、128GBのストレージ、USB Type-Aポート(4つ)、USB Type-Cポート、HDMIポート、WAN、microSDカードポート、スピーカーが搭載された、わりとしっかりめなPCだ。

しかも、1280×720解像度のタッチディスプレイもついているので、わざわざ外部ディスプレイに繋いで使うことなく、これ単体で利用することができる。もちろん、自宅にて利便性を拡張したければ、外付けのマウス、キーボード、ディスプレイを併用するのもよいだろう。

・WindowsとAndroid OSの二刀流

しかも驚くことに、搭載OSはWindows 10とAndroid OS 5.1の二刀流。Android OSのバージョンはかなり古いものの、いつでも簡単にOSを切り替えてAndroidのネイティブアプリを使うことができるというのは魅力的だ。

ポケットの中やバッグの中にしのばせておき、スマホではなくPCの利用が必要なタイミングにさっとこのMIni PCを取り出せば、今までより瞬時にタスクをこなすことができるようになるはずだ。

ちなみに値段も今ならたったの139ドル(約1万5160円)と、一般的なスマホより安い。2018年9月頃の発送を予定している。外出用お手軽PCとして1台もっておくのも悪くないかもしれない。

執筆:Doga

Mini PC/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。