ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超音波でレコードをきれいにする洗浄マシーン「Degritter」でクリアな音を再び!

アナログレコードの音には独特の味わいがあり、コアなファンは多い。最近はデジタル世代の間でも人気だ。

そのレコード、きちんと管理しなければホコリやカビで音が変わってしまうことがある。そこで今回、超音波でレコードを洗浄できるマシーン「Degritter」を紹介しよう。

・3つの洗浄モード

Degritterの外観はまるでトースターだ。背面には取り外し可能なタンク(容量1.2リットル)があり、使用する前にまずはそこに給水する。

そして、食パンを入れるようにレコードを縦位置にして差し込むと、レコードが水につかる。まるでレコードの“バスタブ”だ。

そしてつまみで洗浄モードを選び、スタートさせるとレコードがゆっくりと回り出す。軽い汚れなら洗浄時間1分30秒の「クイック」、中程度なら洗浄3分の「ミディアム」、かなり汚れている時は洗浄5分の「ヘビー」を選ぶ。

・泡の力で汚れを落とす

Degritterの特徴は洗剤類を一切使用しないことだ。120kHzの超音波が出るようになっていて、内部の水槽で超音波が細かな泡をつくる。その泡でレコードの溝の汚れを落とすという仕組みだ。

また、乾燥機能もついているので、ピカピカにしてすぐにプレーヤーにかけられる状態に仕上げてくれる。

レコードを大量に持っているという人にとって管理はなかなか大変なもの。また、中古のレコードを買ってきたところ、ノイズがすごくて…ということもある。そんなときにこうした洗浄マシーンがあると便利だろう。

Degritterは5月8日にクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場するので、お得に入手したい人は早めにチェックするとよさそうだ。

Degritter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy