ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低価格PCに指紋認証機能を!SNSのログインにも対応のUSBセキュリティーデバイス「TouchMe」

指紋認証機能は今や珍しいものではないが、それがすべてのPCにデフォルト装備されているというわけでもない。確かに、外付けの指紋認証リーダーは売られている。しかしそれは、正直かさばるものだ。持ち運びに適しているかと言われたら、首を捻らざるを得ない。

この記事で取り上げる「TouchMe」は、PCに常時装着することができる指紋認証デバイスである。

SNSのログインにも対応

TouchMeはUSBデバイスだ。これをPCのUSBポートに装着する。それだけでこのPCは指紋認証機に早変わり、というわけだ。

カフェやコワーキングスペースは、言い換えれば「公共の場所」である。不特定多数の人間が出入りしているのだから、PCの管理はしっかりしておきたい。トイレに行く際、PCにロックをかける手順は欠かせない。

だが、その解錠作業を面倒だと考えてしまうのもまた人間だ。TouchMeなら、側面のパッドに指をかざすだけで即解錠。時間にしてわずか0.2秒である。

そしてこの製品、SNSや電子決済サービスのログインにも対応するという。そのラインナップを見てみると、FacebookやTwitter、ebay、Amazon、YouTube、Yahoo、PayPalなどが名を連ねている。これらのサービスを利用する際も、TouchMeでの指紋認証がパスワードの代わりになる。

ラインナップは2種類

TouchMeは2種類用意されている。「M100」と「M150」だ。後者は上位版で、ファイルの暗号化機能がついている。

クラウドファンディング「Indiegogo」で、M100は25ドル(約2700円)、M150は43ドル(約4600円)からの出資枠が用意されている。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy