ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミステリアスなラップシンガーDAOKO その初小説とは

1804241

音楽業界で注目されている新世代ミュージシャンのひとり、ラップシンガーのDAOKO。ラップシンガーとして、その存在感はDAOKO×米津玄師による「打上花火」、DAOKO×岡村靖幸の「ステップアップLOVE」、そしてBECKとのコラボレーションが実現した「UP ALL NIGHT×DAOKO」でも損なわれない。相手に染まっているようでいて、でもなぜか彼女が気になってしまう。

そして、DAOKOのラップの魅力、ウィスパーヴォイスとリリックが「小説」という形に結実したのが『ワンルーム・シーサイド・ステップ』だ。

***
イラストレーターとしての成功を夢見て、渋谷へと引っ越してきた〈渚〉。はじめての一人暮らしで心細さを感じる中、ひょんなきっかけから同じマンションに住む良仁と知り合う。次第に膨らんでいく恋心。ところが、彼には恋人がいるという噂を耳にして――。
***

というあらすじは、もしやDAOKO自身の物語なのかと思わせるが、囁くように綴られた文を読み進めるうち、それはどうでもいいような気がしてくる。でも読み終わると、ふと、DAOKOの存在が気になってしまうのだ。

ちなみに、Tempalayとコラボレーションした同タイトルの楽曲「ワンルーム・シーサイド・ステップ」も存在する。本書のBGMにこちらもおすすめ。

『ワンルーム・シーサイド・ステップ』
DAOKO
KADOKAWA
1,380円
『ワンルーム・シーサイド・ステップ』公式サイト https://ddnavi.com/daoko/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。