ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GIRL POWERED Issue : LISACHRIS ft. CALVIN KLEIN

NeoL Lisa CK | Photography : Yuichiro Noda

YENTOWN、Killa関連作やAnarchy、ZORN、Cherry Brownらの楽曲を手がけるビートメイカーにして、CHANELやGUCCI、FENDIなど、様々なブランドのパーティからオファーが引きも切らないDJとしても注目されているLISACHRIS。NYクイーンズ生まれで、ロンドン、東京で育った次世代の才能と目される彼女が初のオフィシャルEP「ARIAKE」をリリースした。彼女が思い描くストーリーやイメージをもとにした全5曲のインストゥルメンタルは、感情のうねりをトレースした自由度の高いプロダクションはヒップホップの枠組みを越えた広がりを感じさせるもの。作品タイトルを通じて、一人の音楽家としての夜明けから新たな日々の始まりを告げる彼女はどこからやってきて、どこへ向かうのだろうか。

──2016年末にYENTOWNから脱退したんですよね?

LISACHRIS「そうですね。同時期にそれまで働いていたSTUSSYを辞めたり、自分にとってはそういうタイミングだったんですよ。音楽活動も真剣に追求したかったし、そのためには一人で活動するしかないなって」

──YENTOWNをはじめ、AnarchyやZorn、Cherry Brownほか、色んなラッパーにビートを提供してきて、ソロ作の正式なリリースは今回のEPが初ですが、今の活動スタンスについて教えてください。

LISACHRIS「今回のようなソロのインストは以前からSoundCloudに上げていたんですけど(2016年に発表したEP「RESCUE MINI」「LINE」ほか)、事務所に入ったことで、制作に専念できる環境になったので、人にビートを提供しつつ、今回のEPをはじめ、自分の作品をずっと発表していきたいなと思ってます」

──これまで作ってきたビートは、現行のトレンドであるトラップに回収されないオルタナティヴなものを感じるんですけど、LISACHRISのルーツは?
LISACHRIS「影響を受けたのは、エンヤとかクイーン、学生の時は吹奏楽をやっていたので、曲作りはビッグバンドっぽいかもしれないですね」

──エンヤのニューエイジ的な影響はシンセ使いに表れているのかもしれないですけど、クイーンとビッグバンドの影響は今作ってる音楽から直接的には読み取れなかったです。

LISACHRIS「そうですか。展開の付け方はクイーンの影響があるのかなと思ったりもするし、吹奏楽をやっていたこともあって、幾つかの楽器をレイヤーしたり、自分としては指揮者のつもりで音楽を作っているところもあります。それから、ビートに関して、一番影響を受けたのはトラップで、最初はFlosstradamusの「Rollup (Baauer Remix)」に衝撃を受けて。今だとTroyBoiとか、トラップではないけど、Ivy Labが好きだったりするんですけど、誰かの真似ではなく、自分のオリジナリティを出すことを意識しているうちにトラップからはみ出しちゃってますね。私がビートを作る時は踊りながら作業しているんですけど、フォーマットをズラしたいというか、ちょっとおかしくしたいんですよ(笑)。何回も聴きながら、おかしくしていって、自分なりに正していくのが、私にとってのビートメイクですね」

──踊りながらビートを作りつつ、今回のEPはノンビートの曲があったり、ダンスミュージックに限定される作品ではないですよね。

LISACHRIS「今回のEPはダンスミュージックでもあって欲しいし、BGMにもして欲しくて。ミックス、マスタリングもそういうバランスを考えてこだわりましたし、私はルパン三世が大好きで、このEP自体、最初はそれぞれのキャラクターにまつわる曲にしようと思って。1曲目の「ru a samurai?」は五右衛門の曲として作り始めて、あなたのことを信用していいんですかという乙女心とその裏にある激情を表現しました。だから、曲の流れとして、最初は乙女な感じで、最後の方では怒ったりしているんですけど、あたたかい音をあちこちに散りばめているし、全体としては愛の曲なんですよ」

NeoL Lisa CK 2 | Photography : Yuichiro Noda

──刀がぶつかるような金属音はそういうストーリーやイメージを具現化したものなんですね。では、緊張感溢れる前半から叙情的な後半へと展開する2曲目の「Stay」は?

LISACHRIS「この曲は自分の実体験や色んな人から聴いた恋愛の話がもとになっていて、タイトルそのままに“そばにいてよ”という曲なんですけど、前半は女性目線、後半は男性目線で、最後はまた女性目線に戻る構成になっています」

──ルパン三世にまつわる作品というコンセプトは制作途中で破綻したんですか?

LISACHRIS「そうですね(笑)。途中で無理だということになって止めました」

──はははは。そして、3曲目の「Night Knight」はノンビートのトラックですよね。

LISACHRIS「この曲は昼から二子玉でデートした時の曲なんですけど、夕方になった頃、その彼に対して、“夜はあなたの時間だわ”って思いつつ、その時のヴァイブスに圧倒されちゃって、この気持ちを曲にしたいと思ったんです」

──恋愛における素敵な時間の曲なのに、高揚感一辺倒ではなく、起伏のあるノンビートに変換されたんですね。

LISACHRIS「そうですね。それは、自分がかなりエモい人間だからかもしれないです。あと、この曲に関しては、電子音でオーケストラっぽい曲を作ってみたかったという音楽的な挑戦もありました」

──声ネタをエディットした4曲目の「Lupin」は、ルパン三世にまつわる作品というコンセプトの痕跡ですよね。

LISACHRIS「ルパン三世はホントに好きなキャラなんですけど、ビートの打ち方もルパンを思わせるコミカルなものにしたり、音で遊びまくりつつ、自分がルパン三世に興奮している感情を表現して、結果的には一番男っぽい曲になったと思います」

──ラストの「both」はサンプリングをコラージュしつつ、このEPでは歌やラップが乗せられるトラックらしいトラックですね。

LISACHRIS「ここで使ってる声ネタは全部、実際にiPhoneで録音したものを使っているんですけど、この曲は今まで自分がラッパーに提供してきたようなヒップホップのトラックを楽しんで作ったもの。ゆくゆくは色んなラッパーに乗ってもらいたいと思っています」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy