ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最大3kgを保持!タブレットを壁に貼り付ける粘着マット「Cling nanoMAT」

タブレットを壁にかけてみよう。突然そんなことを言われたら、まずどのような手段が考えられるだろうか。額縁みたいなケースを手に入れて、紐でぶら下げるという方法か。あるいは、強引にテープで貼りつけてしまうか。

オーストラリアの企業が開発した「Cling nanoMAT(以下nanoMAT)」なら、あらゆる場所にタブレットをくっつけることができる。

・タブレットから包丁まで

nanoMATは吸着マットだ。これを壁に貼り、その上にタブレットを置く。するとテープで貼ったかのようにピタリと固定する。

nanoMATはテープではないのだから、もちろん脱着も簡単だ。繰り返し使用することができる、ダメージフリーの製品である。

設置するものはタブレットでなくても構わない。スマートフォン等のモバイル機器、ワイヤレススピーカー、家の鍵、カミソリ、包丁でもいい。棚に収納スペースがなければ、壁に貼ってしまえばいいのだ。

ホコリなどがnanoMATに付着したら、水洗いをする。こうすることで吸着力が復活するのだが、開発元は1000回以上の水洗いに耐えられると公言している。

・陶器の転倒防止にも

最大耐荷重量は3kg。それ以上の重さのタブレットは滅多にないだろうし、先述のようにあらゆるものに応用が利く。

縦置きだけでなく、もちろん横置きの場合にも重宝する。たとえば、陶器。数百万円もするような伊万里や天目茶碗を置く場合、nanoMATを下敷きにする。そうした使い方もできるのだ。

nanoMATはクラウドファンディング「Kickstarter」で10オーストラリアドル(約830円)からの出資枠を設けている。ただし、最も安い枠は応募者多数のためすでに締め切られているようだ。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy