ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さいのにトップスピードは時速32キロ! 電動スケボーのBoostedにMini登場

オレンジ色の車輪がトレードマークの米国発電動スケートボードBoosted Board。坂道でもスイスイ登れるとあって、2012年にクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したところ話題となった。

そのBoostedに新商品が登場した。サイズが一回り小さく、価格も抑えめの「Mini」だ。

・ボードの長さは75センチ

MiniはSとXの2モデルが用意され、どちらも既存モデルより一回り小さい。ボードの長さは約75センチとコンパクトになったぶん持ち運びしやすいというメリットがある。

性能はというと、Sは航続距離11キロで、トップスピードは時速29キロ。一方のXは23キロの走行が可能で、トップスピードは時速32キロ。

これまで同様に、手に持つBluetoothリモコンでスピードやモードなどを操作でき、バッテリー残量はスマホアプリ(iOS、Android)で確認できる。

・Sは8万円

2モデルの性能の違いは価格にも反映されていて、Sは749ドル(約8万円)なのに対し、Xはそれよりややお高めの999ドル(約10万7000円)。

値段だけ見るとどちらも決して安い買い物ではないが、既存モデルの1399ドル(約15万円)〜に比べると入手しやすい。

電動スケボーに興味があるという人は、出費を抑えられるこのサイズでトライするというのもありかもしれない。また、小柄な人にとっても小さいスケボーの方が乗り回ししやすそうだ。

Boosted

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。