ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家具の組み立てもロボットにお任せ!?シンガポールの研究チームによる“イケアの椅子組み立てテスト”が話題に

イケアやニトリのような超大型家具店は、現代人の救世主。スタイリッシュで、何よりとてもリーズナブル。購入者自身が製品を組み立てることで、価格ダウンを実現しているのだ。しかし、中にはこの組み立て作業自体が面倒だ、という人も。時間がかかる上、それなりの道具も必要になるからだ。

そんな作業もいずれ、ロボットが請け負うことになるかもしれない。シンガポールの南洋理工大学では、ロボットによる“イケアの家具組み立てテスト”を実施。製造用ロボットが、工場や研究所以外の日常的な作業に対応するか、見極めようというのが、今回のプロジェクトの狙いだ。

・約20分で作業完了

テストに使ったロボットは、工場などでよく見かけるオブジェクト操作用のもの。2つのロボットアームには、3Dカメラとセンサー、グリッパーが装備されている。

テストの第1段階は、シンプルなイケアチェアをロボットの周りにランダムに配置すること。品物を開梱する際、人が受ける混乱を再現するためだ。この実験に対してロボットは、自ら3D写真を撮り、推定された位置の地図を作成。わずか3秒で、すべての部品を見つけることができたという。

そこからの動きを計画するのに、かかった時間が11分。その後、9分以内で組み立てを完了させた。目標とする20分をクリアしたので、初回はまずまずという結果だ。

・ロボットアームの活躍の場が広がる!?

イケア側によると、この椅子を組み立てるのにかかる時間は、通常10~15分。人工知能に適切なデータをプログラミングすれば、もっと早く作業できるようになるかもしれない、とのこと。

残念ながら、イケアの組み立てサービス内においてロボットを利用するプランは、今のところない。しかし、今回のテストによってロボットアームの可能性が広がったことは確か。近い将来、もっといろいろな場所で活躍する日が来るかもしれない。

souce by cnn.com
Nanyang Technological University/News Release

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy