ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Libratoneの新ワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリングを4段階調整できる!

デンマークのオーディオメーカーLibratoneは、ネックバンド式のワイヤレスイヤホン「Track+」を米国で発売した。ノイズキャンセリングを4段階で調整できるのがセールスポイント。

来月には欧州マーケットにも投入する。価格は米国199ドル(約2万1000円)、欧州は199ユーロ(約2万6000円)となる。

・通話時のノイズカットも

Track+はケーブルタイプのQ-Adaptヘッドフォンのワイヤレス版となり、独自のノイズキャンセリング技術を搭載している。

最大の特徴は、状況に応じてノイズの遮断度合いを4段階調整できることだ。例えば、周囲の音を容易に拾えるようにしたり、少しだけ耳に届くようにしたり。もちろん完全シャットアウトもできる。

加えて、Track+にはマイクも搭載されていて、通話時のバックグラウンドの音も抑制できるので、クリアな音声となる。

・汗や水に強い

また、ノイズキャンセリング機能をオンにすると駆動時間が短くなるイヤホンが多い中で、Track+は8時間駆動し、日中ほぼ使用できる。フル充電には1時間かかる。

運動しながらイヤホンで音楽を楽しむ人にとって、汗や水しぶきなどに強いIPX4規格をクリアしているのも心強い。

デザインは極めてシンプルで、カラーは黒と白から選べる。会話やアナウンスを聞くためにイヤホンを耳から外してまたつけて、といったことを繰り返したくないという人には良さそうだ。

Libratone

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy