ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フードディレクター野村友里が信頼して、大切にする店

1804204

東京で生まれ育ち、原宿にレストラン「eatrip」を構える野村友里さんが、「大切な人とごはんを食べに行く時、そして大切な人に美味しいお店を教えたい時」のためのガイド本を出版。

57軒のお店の紹介のほかに、「街歩き地図」、「日本食の歳時記」、「家庭料理の解説」(ポテトサラダ、生姜焼き、カレーライス、唐揚げ…)なども網羅されている。全ページ英訳付きなので海外の方もそのまま楽しめるが、寿司や蕎麦に関するコラムは、日本人でも「そうそう、大人になる時にこういうことを読んでおきたかったの!」という内容。

さらにページをめくっていて気がつくのは、ほかのガイド本と比べて、人の写真が多いということ。

店主だったり、お客だったり…そんなことが、なんとなく、野村さんとそのお店の関係性を表しているような気がして、自分もこんなふうに大切な人を案内できるお店が欲しいなと思わせられる本。そして、とにかく美味しそうな1冊!

『Tokyo Eatrip』
野村友里
講談社
2,950円
特設サイト http://transit.ne.jp/tokyo/eatrip/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy