ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最大の航空機Stratolaunch、今夏に初飛行へ

翼幅が約117メートル、機体重量は226トンもある世界最大の航空機Stratolaunch(ストラトローンチ)が、今夏にも初飛行を行う。

第34回宇宙シンポジウムで、元米マイクロソフト共同創業者ポール・アレン氏が率いる開発元のStratolaunch Systemsが明らかにした。

・最高速度アップは順調

Techableでも以前お伝えしたように、Stratolaunchはすでにエンジン試験や滑走路での地上移動テストなどを過去数カ月にわたり行っている。

これまでの試験で最高速度は時速128キロに達し、今後行うテストでは時速222キロを目指す。通常のジェット機が離陸するには時速240〜290キロのスピードを要することを考えると、試験を重ねて夏までにはそのレベルにもっていけると踏んでいるようだ。

・2020年運用に現実味

Stratolaunchは空中発射ロケットを運ぶためのものとして開発された。腹部にあたる部分にロケットを抱えて飛び、十分な高度に到達したらロケットをリリースするというもの。

こうすることで地上に発射場などを整備する必要がなくなり、衛星などの打ち上げコストを大幅に下げることができるとされている。

運航に必要な米国連邦航空局の承認プロセスには、通常18〜24カ月かかるとのことで、今夏に初飛行が成功すれば、同社が掲げている「2020年の運用開始」目標は現実味を帯びてくることになる。

Stratolaunch Systems

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy