体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワーキングマザーが「キャリアを前進させる」ために必要なこととは?【女性活躍支援イベントレポート】

ワーキングマザーが「キャリアを前進させる」ために必要なこととは?【女性活躍支援イベントレポート】

リクルートキャリアの女性活躍支援プロジェクトチーム「RCAジョカツ部」が開催する「キャリージョ・エンカレッジ・プログラム」。過日、第3回目となるイベント『私を前に進めるための、小さな一歩の踏み出し方』が開催されました。

本イベントは三部構成。第一部が株式会社ChangeWAVEの佐々木裕子さんによる基調講演。第二部が、リーディングカンパニー3社の女性社員によるパネルディスカッション。そして第三部が、佐々木さん、パネラーとして登壇した女性社員と参加者によるキャリア座談会。

先日、第一部の佐々木さんの講演内容をご紹介しましたが、今回は第二部・パネルディスカッションのもようをリポートします。

(登壇者紹介)

MSD株式会社 伊東朝香さん

アビームコンサルティング株式会社 髙橋美砂子さん

株式会社リクルートキャリア 梅田杏奈さん

今回の登壇企業3社はいずれも、女性の働きやすさ向上や活躍を支援する制度を整備しています。その中で、パネルディスカッションにご参加いただいた3名の女性は、いずれも仕事と子育てを両立しながらステップアップを実現したワーキングマザーです。

まずは、第一部の佐々木さん基調講演で話題に挙がった「己の情熱を知る」について。ご自身が情熱を燃やしているテーマは何か、そしてどのようにそれを見つけたのか、語っていただきました。

仕事で得たスキルがプライベートでも活かせていることに気づき、さらに仕事への情熱が増す

アビームコンサルティングの高橋さんは、メーカーに5年間勤務した後、「大学で学んだ会計の知識を活かしたい」と今の会社に転職。さまざまな業界のプロジェクトを担当した後、現在はマネージャーとして活躍しています。

「20代の時は、『会計領域に携わりたい。会計の知識を活かしてクライアントにベストな提案を行い、それを実現したい』という熱い思いを持ち、アビームに転職し仕事に打ち込んでいました。一方で趣味も多く、料理が好きだからレストランをやってみたいと思いレストランビジネスを勉強したり、野菜ソムリエの資格を取ったり、社会起業家に興味を持ってプロボノ活動をしてみたりと、プライベートでもいろいろなことに挑戦していました」

これらの社外活動を通じて、コンサルタントとして積み重ねてきたものがプライベートの領域でも活かせることに気づき、さらに仕事に情熱を注げるようになった…と言います。

「例えば、仕事で培ったコミュニケーション力を活かして、野菜ソムリエに関する地域コミュニティを立ち上げました。趣味など、好きなことを仕事にするという選択もあったかとは思いますが、コンサルタントの仕事が好きで自分に合っているからこそ、仕事以外の活動の場でも力が発揮できているのだと感じたので、この仕事に没頭できています」

家事・育児との両立においても、試行錯誤はあったものの、現在では仕事で得た能力を活かせているとのこと。

「長女の産休・育休から復帰した後は、どうすれば時間を生み出せるのか模索する日々が続きました。次女の産休・育休から復帰する際に、『同じことを繰り返すわけにはいかない。やるべきことを組み立てて効率的に時間を使おう』と考えました。行ったのは、家事の中で大事にしたいこと、後回しにしたいことの整理。料理は好きだし自分で作りたい。でも掃除はできるだけ手をかけたくない…などと組み立てていき、どのように進めるのが一番効率がいいかを追求。その結果、掃除はルンバに任せ、洗濯は夜、そして子どもと一緒に夜9時に就寝し、朝4時に起きて苦手な洗濯物を畳む作業を一気にやってしまうことに。すると、その後1時間ぐらい、自分の時間が取れるんです。このようにいろいろ試行錯誤しながら、今のスタイルを作り上げていきました」

ワーママも仕事に没頭できる環境。10年ぶりに「仕事へのワクワク」を感じられている

MSDの伊東さんは、コンサルティング会社に10年間務めた後、医療機器メーカーに転職して5年間マーケティングを担当。その後、現在の会社に転職し、カスタマーエンゲージメント領域を担当しています。

「学生のときはバイオテクノロジーを専攻。その知識を活かして、コンサルタント時代は製薬業界を多く担当していました。でも、いつかはライフサイエンスの分野に携わりたいと思っていました。製薬会社である当社に転職してきたのは、学生時代から抱き続けてきた情熱を体現したかったから。今まさに、仕事をエンジョイしています」

前職では、仕事と子育てを両立する中で不満を飲みこむことが多かった…と伊東さん。

「もっと仕事がしたいのに、できない。『私がやります!』と手を挙げたいけれど、ぐっとこらえる。こんなことを繰り返してきましたが、今の会社はワーキングマザーの活躍を支援する制度が整っていて、人事の役員には面接時に『あなたにはこの会社でワーキングマザーのモデルになってほしい』と言われました。ここならば子育てを言い訳にせずにやりたいことに打ち込めるのではないか、やりたいことにリミッターをかけなくてもいいんじゃないかと思い、転職してきました。出産後、10年近く封印していた“仕事に対するワクワク”を再び感じることができています」

仕事を通じて情熱の矛先が徐々に変化、ありたい姿が明確に

リクルートキャリアの梅田さんは、企業の採用支援を手掛ける営業を3年間務めた後、営業リーダーも経験。その後、社内異動を通じ、現在は主に自社の中途採用を担当しています。現在2歳になる女児のママ。約1年前に職場復帰しました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。