体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30歳を過ぎて“未経験”の分野にキャリアチェンジ。意識したのは「相対優位性」を考え抜くことーー料理人・寺脇加恵の仕事論

30歳を過ぎて“未経験”の分野にキャリアチェンジ。意識したのは「相対優位性」を考え抜くことーー料理人・寺脇加恵の仕事論

化学調味料や加工食品を一切使わないオーガニックな料理を得意とし、テーブルコーディネートなど会場の装飾もトータルにプロデュースする料理人の寺脇加恵さん。

彼女のFacebookには、日々大量のケータリング用の料理を作る様子がアップされ、あるときは築地で大量の仕入れをし、またあるときはスポーツチームの海外合宿に帯同して食事面でサポートをしている。

彼女がなぜケータリング事業を手がけるようになったのか、錚々たる外資系企業や各国大使館が、こぞって彼女に依頼するのはなぜか、麻布十番にある彼女のアトリエで語っていただいた。

【プロフィール】

寺脇 加恵さん

1976年生。上智大学法学部法律学科卒。大学在学中アパレル輸入事業を立ち上げ、世界50カ国を周り、先々で食文化と調理技術を体得。

2006年、世界各国料理のケータリング事業を設立。500人規模の企業レセプションからウエディングまで、イベント趣旨に合わせ、アパレル事業経験を生かした会場装飾等の世界感の作り込みを伴うカスタムオーダー型を得意とする。他、広告メニュー開発、撮影コーディネート、飲食店の立て直し、食を通じた教育プログラムの開発等、食に関するプロジェクトの実績多数。

空手二段! 家にTVがないから本を月100冊読んでいた少女時代

ゆっくりとした話し方で、ふわっとした雰囲気を持つ寺脇さんだが、子どもの頃は通知表に「我が強い」と書かれているような子どもだった。親の影響で6〜20歳まで空手を続け、二段の腕前だ。

小さい頃、家にTVがなくて「TVの代わりに本を読め」と1カ月に100くらい読んでいた。中学生になってからは1カ月に2時間だけ、好きなTV番組を録画して見ていいルールができた。月に2時間では連ドラなどは見られず、映画を見るようになった寺脇さん。洋画が多かったこともあり、映画と英語に興味を持って中高校生時代は英語劇の部活に入部した。

「今も何かの世界観を作るのが好きなのは、映画で味わう非日常感や、部活でやっていた舞台が当時から好きで、それを自分で再現したい気持ちがあるんです。料理はその中の一番重要な要素ですね」

その後、上智大学法学部に進学。父親が税理士で、当時はダブルスクールすれば比較的簡単に資格が取れたため、学部で法学系、大学院で経済や商学系を専攻して、跡を継ぐよう言われていた。しかし、入学してみたら法律にあまり興味を持てないことに気づいたという。

当時はITバブルの時代で、同い年の人たちがベンチャーを立ち上げたり、インターンをやったりしていた。自分も何かやりたいと思うものの、IT系には疎かったため、自分の好きなことをやろうと考え始めた。

そんなとき、たまたま行った海外でのアンティークのオートクチュールとの出会いが、起業のキッカケになったのだという。

「昔のオートクチュールのものが美術館で展示されていると思ったら、それと全く同じものが洋服屋さんで売り買いされているのを見たんです。文化的なことや歴史背景のあるモノという意味での洋服を初めて認識して感動しました。最初は自分で集めていましたが、その後仕事で扱うようになりました」

大学3年生で起業したタイミングでは、まだ一生の仕事にしようとは思っていなかったため、親には起業のことを伝えなかった。就活は行きたいと思った外資金融1社のみに応募。最終選考まで残ったものの内定を取ることができず、起業したビジネスを続けるしか道がなくなったとき、ようやく親に伝えた。「すごく怒られました」と笑う。

開業から約10年、従業員が1500万円横領

起業した当時はECサイトなど無い時代だったため、知人でアンティークの服が好きな人からコミュニティを紹介してもらい、展示即売会のようなことを繰り返した。5年目に場所を借りてショップを始め、卸しや委託販売もやっていたという。

アンティークのアパレルは国内外の価格差が大きいため、海外で買い付け、国内で売ることで、かなりの利益が得られていた。

順調に事業を進めていたが、あるとき買い付けでフランスに行っている間に、従業員が店の中で最も高価な商品を含めた在庫の一部と、仕入れ情報や顧客リストを横領。商品は質屋に入れられ、1500万円ほど現金化されてしまう。結果として、在庫がなくなってしまったため事業をたたまざるを得なくなってしまった。

「お金を持っていないから横領したわけで、その人に前科を付けてもお金は返ってきませんよね。だから、警察に突き出さない代わりに、現金化して横領した分を賃貸借契約に直して、月々ちょっとずつ返してもらえばいいから、という形にしたんです。でも、結局どこかに逃げちゃいました」

最終的に1/3程度しかお金は戻ってこなかったという。人が良すぎるように思うが、警察に行くと調書を書くなど時間も取られるし、精神的に何度もそのことを思い出さなければならず、記憶が強くなってしまう、と寺脇さんは語る。

「すごく落ち込んでいたのは3カ月くらい。でも、警察に行っていたら、立ち直るまでの時間はもっと長くかかったと思うので、そういう意味では次のことにすぐ目を向けられたのは良かったかな」

2度目の起業、30歳を過ぎて未経験の分野にキャリアチェンジ

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。