ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AppleのVRを使って乗り物酔いを軽減するシステム特許申請が公開

米国特許商標庁は、乗り物内で使用するVRシステムについてのAppleの申請を公開した。

システムは、実際に目にする光景の代わりにバーチャル映像を見ることで、乗り物酔いを軽減するというものだ。

・初期症状を感知

公開された申請書類を見ると、このシステムではヘッドセットまたは乗り物内の壁に取り付けるプロジェクターを活用。ユーザーの発汗や脈拍、貧乏ゆすり、つばの飲み込みなどを感知するセンサーを内蔵する。

そうした乗り物酔いの兆候をとらえると、バーチャル映像をユーザーに見せることで乗り物酔いを軽減するという仕組みだ。

・情報のズレを少なく

そもそも、乗り物酔いは耳(三半規管など)がとらえた動きに関する情報と、目から入ってくる動きの情報にズレが生じて、脳がそれにうまく対処できないことが原因。

Appleが出願したシステムは、早い話、バーチャル映像によりその情報のズレを少なくするというものといえる。

また、このシステムは、乗り物酔いを軽減するだけでなく、純粋に車内エンターテイメントとしても活用できる。

加えて、オーディオブックをユーザーのとなりで読み上げる「バーチャルライダー」や、「バーチャル会議」など、幅広い活用法が考えられているようだ。

Apple Patent Images

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。