ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Philips Hueの屋外向けスマートライト3種類が海外で7月に発売決定!

PhilipsのスマートライトPhilips Hueを使っている人は多いはず。実は以前からPhilipsが屋外向けのスマートライトを発表すると噂されていたが、ついに3月12日にPhilipsが公式発表した。しかも、3種類もあるそうなのだ。

今回の新製品は、一軒家に住む人たちなら気になるスマートライトかもしれない。

・用途に合わせた屋外向けスマートライト

今回発表されたのは「Luminaires」「Lily(Spotlights)」「Calla(Bollard lights)」の3種類。Luminairesは、玄関や家の壁に取り付けて使うタイプ、Lilyは好きな花や家の外観部分を目立たせるスポットライトタイプ、Callaは門から玄関までの道筋を光で照らしてくれるガーデニングライトタイプだ。

どれも屋外用にWi-Fiのカバー範囲を広く設定されているので、庭や玄関のライトまでスマホやスマートスピーカーで操作したいという人にはうってつけ。既存のモーションセンサーやスイッチといったアクセサリーと使い合わせたらなかなか便利な使い方ができそうだ。

・発売はアメリカ、ヨーロッパで2018年7月から

値段はそれぞれ、Luminaires(形状により値段が異なる)が29.99ドル(約3210円)〜、Lilyが279.99ドル(約3万20円)、Callaが129.99ドル(約1万3930円)で、2018年の7月頃の発売を予定しているそうだ。

ただ、残念ながら発売時はアメリカとヨーロッパのみのようなので、ぜひ今後日本への展開も進めてもらいたいものだ。Philips Hueはスマートライトを取り扱うブランドの中では大手に入るので、ぜひ期待してもいいのではないだろうか?

執筆:Doga

Philips

9to5Google

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。