ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

$99の高性能トイドローン「DJI Tello」が海外で発売開始

$99 なのにそこらのトイドローンとは比べものにならないほどの安定性とカメラ画質を誇る「DJI Tello」の販売がいよいよ米国で始まりました。
DJI Tello は DJI が作ったドローンではなく、中国の Ryze Robotics 社が開発・製造している機体です。
しかし、Tello には DJI の技術が多く取り入れられており、もはや DJI ドローンと言っても過言では無い仕上がりです。
底部のビジョンセンサーにより Tello のホバリングはとても安定しており、トイドローンでよくある「全く安定しない」問題が基本的には起きません(室内の場合ですけど)。
また、普通のトイドローンは単に飛ばすだけの使い方になりますが、Tello には 360 度回転やフォローといったいくつかのインテリジェトフライト機能、フリップやバンドといったアクロバットフライト機能も搭載されており結構楽しめます。
何よりも写真と動画は普通のトイドローンとは比べものにならない画質で、機械式のジンバルは付いていませんが、スタビライズ機能により動画はまるで GoPro のように安定したものになります。
しかし残念ながら米国の Amazon は Tello を日本に発送しませんので、すぐに海外版が欲しいという方は転送サービスを利用する必要があります。
Tello は国内版もありますが、発売はもう少し待つ必要があります。
Source : Amazon

■関連記事
確定申告でとても役立つ家計簿アプリ
Xperia XZ2(H8296)の実機レポート
「HOYA 暗所視支援メガネ MW10」を網膜色素変性症患者で夜盲症の私が実際に体験した感想

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy