ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で注目を集める奇才・ヨルゴス・ランティモスの最新作

1803102

第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した、注目の奇才・ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』が公開中。

心臓外科医のスティーブンは、美しい妻と二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。そんなスティーブンは父親を亡くした少年・マーティンに腕時計をプレゼントしたりと何かと気にかけてやっていた。しかし、マーティンを家に招き入れ家族に紹介したときから、スティーブンの子供たちが突然歩けなくなるなど奇妙なことが起こり始め、スティーブンは究極の選択を迫られる――。

“聖なる鹿殺し”が意味するものとは? 世界が注目するランティモス・ワールドをスクリーンでぜひ体感して。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
監督:ヨルゴス・ランティモス
出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン、アリシア・シルヴァーストーン
(2017年/アイルランド・イギリス)
公開中
©2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
http://www.finefilms.co.jp/deer/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy