ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】ボン・ジョヴィ2年ぶり首位返り咲き、6ix9ineが4位初登場

【米ビルボード・アルバム・チャート】ボン・ジョヴィ2年ぶり首位返り咲き、6ix9ineが4位初登場

 ボン・ジョヴィの『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』が、およそ2年4か月ぶりに返り咲きの首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』は、2016年11月4日にリリースされた彼らの通算14作目のスタジオ・アルバムで、リリース翌週(2016年11月26日付)のアルバム・チャートで、6作目のNo.1獲得を果たした。今週再び首位に輝いたのは、3月14日に米コロラド州デンバーからスタートする北米ツアーのチケットが封入されたため。今週の週間セールスはおよそ12万枚で、発売当初の初動ユニット数129,000とほとんど変わらない数字を叩き出した。

 200位圏外から首位に返り咲くのは、集計が始まってから3作目の快挙。1作目はカントリー・シンガー=クリス・ステイプルトンの『トラベラー』で、2015年11月4日に開催された【カントリーミュージック協会賞】での受賞効果が反映したため。2作目は故プリンスのベスト盤『ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス』で、2016年4月21日に急死した報道を受け、売上が急増した。

 ボン・ジョヴィのように、アルバムにチケットを封入し、セットで売り出すケースが近年増えている。2016年10月には、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『ザ・ゲッタウェイ』が、ライブチケットを購入するとアルバムが付いてくるというプロモーションを行い、前週の24位から5位へランクアップした。昨年4月には、メタリカの『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』が前週の19位から5位へ、先月は、英ロンドンのダンス・ユニット=アバヴ&ビヨンドの新作『コモン・グラウンド』が、同じプロモーションで3位まで上昇している。

 本作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』は、2016年11月の発売前に、米大統領候補として選挙活動を行っていたヒラリー・クリントンの遊説に加わり、イベントに参加したり、投票日前日に支援集会でライブ・パフォーマンスを披露したりと、チケット封入とは違うプロモーションで売上を伸ばした。ストリーミングが主流になってからは、パッケージ・セールスやダウンロード数を増やすため、各アーティストが様々な方法でプロモーションを行っている。特に、ストリーミングの弱いロック・バンドは売上を上げるために必死だ。

 2週間の首位を死守した『ブラックパンサー:ザ・アルバム』は2位にダウンしたものの、今週も99,000ユニットを獲得している。ミーゴスの『カルチャーII』も59,000ユニットで先週の2位から3位に落ちたが、ストリーミングは依然として強い。

 今週4位に初登場した、米ブルックリン出身の新人ラッパー=6ix9ineのデビュー作『Day69』も、55,000ユニットのうち、22,000枚がアルバムの売上で、33,000ポイントがストリーミングによるものだった。本作に収録されたデビュー曲「GUMMO」が、全米チャート(HOT100)で最高12位/ラップ・チャート5位のヒットを記録したことが、アルバムのプロモーションに繋がった。同曲は、これまでに3億回以上の視聴回数を記録している。

 映画『グレイテスト・ショーマン』のサントラ盤は、先週の3位から5位にランクダウンしているが、3月4日に開催された【第90回アカデミー賞】でのパフォーマンス効果を受け、次週は売上、ストリーミングが上昇することが予想される。映画関連の作品は、その他にもアワード効果でランクアップが見込める。

 10位には、オーストラリアのシンガー・ソングライター=ヴァンス・ジョイの2ndアルバム『ネイション・オブ・トゥー』が初登場。2014年発売のデビュー作『ドリーム・ユア・ライフ・アウェイ』から4年振りとなる新作で、アメリカでは自身初のTOP10入りとなった。母国オーストラリアでは2作連続のNo.1獲得を果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、3月7日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』ボン・ジョヴィ
2位『ブラック・パンサー:ザ・アルバム』VA
3位『カルチャーII』ミーゴス
4位『デイ69』6ix9ine
5位『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック
6位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
7位『ストーニー』ポスト・マローン
8位『エヴォルヴ』イマジン・ドラゴンズ
9位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
10位『ネイション・オブ・トゥー』ヴァンス・ジョイ

関連記事リンク(外部サイト)

3月10日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
3月10日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ボン・ジョヴィ、【ロックの殿堂】入り式典でリッチー・サンボラやアレック・ジョン・サッチと共演することについて語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。