ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年1月・Amazonで売れた『マンガ』のトータルランキング・ベスト10を発表!

おためし新商品ナビの独自調査による、2018年1月にAmazonで売れた『マンガ・コミック』の冊数ランキングベスト10を発表しよう。1ヶ月トータルの売れ行きがわかるのはこの記事だけ!(調査はアドウェイズ社が提供するECデータ推計サービス「Nint(ニント)」のデータを元にした)

 

第10位 :小学生おもしろ学習シリーズ まんが 百人一首大辞典

小学生おもしろ学習シリーズ まんが 百人一首大辞典

 

百人一首大辞典が10位。小学校のカリキュラムに導入されたことに加えて、映画『ちはやふる』が公開されたことでブームが加速した百人一首。

本書の発売は2015年11月と2年以上も前だが、根強く売れている。今年3月に映画最新作『ちはやふる-結び-』が公開される影響があったのか? なかったのか? カスタマーレビューによれば、マンガ形式のため子供がすぐに覚えた、という声も。

 

第9位 : マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000

マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000

 

小学生向けの学習本が9位にランクイン。

この本を監修した高濱正伸氏は、花まる学習会代表、算数オリンピック委員会理事、NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長を務める経営者兼教育者。全国で講演会をしており、年間3万人を超えるママが参加しているようだ。

2016年6月に発売され、2017年11月に発行部数20万部を超えたヒット作。

 

第8位 : 腐女医の医者道! 外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編

腐女医の医者道! 外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

第8位には、ameba ブログ”子育てジャンル”でトップブロガーとして活躍するさーたり氏のコミックエッセイがランクイン。2017年12月28日に発売されたこの本は、2016年5月に発売された『腐女医の医者道! 』の続編(第二弾)となる。

著者のさーたり氏は、オタクで外科医で3児の母。そして、漫画家。ツイッターのフォロワ―は1万1千人以上になる。外科医と子育てとオタク成分が混ざった、日常あるあるを描いた内容。

 

第7位 : ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論

ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論

 

第7位は小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』の最新刊。

著者の小林よしのり氏は、週刊少年ジャンプで連載された『東大一直線』やコロコロコミックで連載された『おぼっちゃまくん』など人気ギャグマンガの著者として知られるが、若い世代にとってはもはや『ゴー宣』の人なのかも?

2018年1月25日に発売、つまり6日間の勝負にもかかわらずランクインしたことから根強い人気がうかがわれる。『ゴーマニズム宣言』は「SAPIO」(小学館)で連載されているが、この一冊は完全描き下ろしとなっている。

 

第6位 : まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割

 

ベストセラー『伝え方が9割』がマンガとなって第6位にランクイン。原作は2013年に発売されたビジネス書。シリーズ累計112万部を突破した大ヒット作となった。

原作の佐々木氏は、株式会社ウゴカス代表取締役として活躍するコピーライター。そんな彼が、コピーライターとして成長する中で見つけた人に伝える方法をマンガにまとめた一冊だ。

 

第5位と第4位は同時に発表しよう。

 

第5位 : STEEL BALL RUN 16 ジョジョの奇妙な冒険 Part7

第4位 :STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7

STEEL BALL RUN 16 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-72) STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71)

 

超人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のPart7にあたるSTEEL BALL RUNの文庫版コミックが第5位、第4位。

Part4のアニメ化や映画化を経て、さらに知名度を増した作品とあって、文庫版もランキング上位に堂々と顔を連ねた(コミック版は2011年完結)。文庫版のPart7は、今回の16巻で完結となる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。