ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LG、独自のAI機能でパワーアップした「LG V30S ThinQ」シリーズを発表

LG は 2 月 24 日、MWC 2018 の開幕に先立ち LG V30 の新モデルとなる「LG V30S ThinQ」シリーズを発表しました。
新たに発表された LG 最新スマートフォン「LG V30S ThinQ は現行の LG V30S をベースに人工知能(AI)機能を導入した改良版で、AI 機能でモバイル体験がより便利で利便性の高いものに変える、そんな一台です。
ThinQ とは、LG が今年の CES 2018 で様々な自社製品に導入することを発表した独自の人工知能機能サービスの総称で、特にスマートフォン向けの ThinQ ではカメラと音声認識に重きをおいて開発されています。
LG V30S ThinQ シリーズの AI 機能は Vision AI と Voice AI で構成されており、その中でも Vison AI は AI CAM、QLens、Bright Mode の 3 つのインテリジェント機能で構成されています。
AI CAM はフレーム内の被写体を分析し、ポートレート、食べ物、ペット、風景、都市、花、日の出、日没といった 8 つのシーンから最適なモードを選択して撮影します。
各モードは視野角、色、反射、照明、飽和レベルなどの要素を考慮して AI により判別されます。
QLens は AI 技術の画像認識機能を活用して、QR コードをスキャンするとリンク先にアクセスしたり、商品を撮影するとその最低価格をネットで調べることができます。
これは、食品、ファッションアイテム、有名人の画像、建築物やモニュメントなどのランドマークでも機能します。
Bright Mode は写真を最大で 2 倍明るくする機能なのですが、AI 処理によってノイズが出ないように調整されるため、明るくしても綺麗な仕上がりになります。
Voice AI は他のスマートフォンでも見られる音声アシスタント機能なのですが、Google アシスタントとも連携しており、LG だけの特別なボイスコマンドも使用することがでいます。
これによりアプリ内でオプション機能を呼び出したりとアプリの使用がさらに便利になります。
LG V30S ThinQ は 6 インチ 2,880 x 1,440 ピクセルの OLED パネルや Snapdragon 835 プロセッサ、6GB RAM + 128GB(LG V30S ThinQ) / 256GB ROM(LG V30S+ ThinQ)、背面に 1,600 万画素 + 1,300 万画素のデュアルカメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,300mAh バッテリー等を搭載しており、IP68 レベルの防水・防塵などに対応しています。
筐体サイズは 151.7 x 75.4 x 7.3mm、質量は 158g です。
カラバリは New Moroccan Blue と New Platinum Gray です。
OS は Android 8.0 Oreo を搭載しています。
Source : LG

■関連記事
18:9ディスプレイのgooスマホ最新モデル「g08」のファーストインプレッション
TCL、Android Oreo(Go Edition)を搭載した「Alcatel 1」シリーズを発表
GoogleのFiles GoにGoogleドライブへのバックアップ機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。