体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通勤電車あるあるが満載!? 『Twitter』で「#ムカつく電車の行き先選手権」が盛り上がる

train_fromto_01

とりわけ夜に家に帰るまでに、来た電車・列車が最寄り駅の前に折り返してしまうとガックリしてしまう……こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

現在、『Twitter』ではハッシュタグ「#ムカつく電車の行き先選手権」が登場。さまざまな行き先ツイートが集まっています。

JR東日本・埼京線ユーザーのツイートがこちら。


1005Kと1021Kの新宿発池袋行き

ほかにも赤羽行が「“埼”要素がない!」とやり玉に上がっていました。

同じく京浜東北線ユーザーに刺さりそうなツイートがこちら。


何気ない蒲田行きが
神奈川県民を
きずつけた

ほかにも桜木町行きが「違うだろ」とされ、反対側の埼玉県側に向かう電車でも東十条行きや南浦和行きが「ムカつく」候補に。

大阪では阪急京都線が。


阪急京都線 最終電車 終点正雀駅

終 点 正 雀 駅

正雀駅は大阪府摂津市。京都府内にたどり着けませんね……。

関西地方からは別のユーザーがこのようにツイート。



JR神戸線
ラッシュ時に人身事故や台風などで交通障害が生じたときの
 尼崎行き
 甲子園口行き
 芦屋行き
 灘行き
 神戸行き
 須磨行き
 大久保行き

昼間に明石、姫路方面向かいたいときの
 普通須磨行き

中部地方からは、名古屋鉄道でこのようなツイートが。


豊橋行けないやん?

急行伊奈行き、普通須ヶ口行きまではいいとして、快速特急が東岡崎止まりなのがダメージ大きそう。

一方で、遠距離まで行く列車も危ないというツイートも見られました。例に挙がったのはJR東日本・常磐線。


このタグ、「自分が利用したい駅の1つ2つ手前までしか行かない電車に怒ってる人」がほとんどだけど、中には「あまりに遠くに行くもんだから寝過ごさないか心配で気が休まらない」というケースもちらほら見られますね。

常磐線上野発原ノ町行きというのがありましてね

原ノ町駅は福島県南相馬市……。そこまで寝過ごしたら翌日休みコースなのでは? 長距離まで行くというという意味では、中央線の河口湖行きが「怖い」と挙げられていました。

このように、各路線ユーザーからの怨嗟がネタに昇華している「#ムカつく電車の行き先選手権」。自分の使っている路線のツイートが見つかると共感できるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/E2asama_N21/status/965601503175036929 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。