ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これで5000円台?AirPower激似の充電パッド「Plux」はスタンドにも

Appleが発売予定のワイヤレス充電パッド「AirPower」の魅力はiPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できることだ。iPhoneとApple Watchを同時に充電できる製品はすでに登場しているが、今回紹介する「Plux」はAirPodsもカバーしている充電パッドだ。

・既存のAirPodsに対応?

プロトタイプを見たところ、充電するポジションが決まっているのと、Apple Watchの充電ケーブルを中に格納して使わなければいけないという点は気になるが、見た目はAirPowerにそっくりだ。AirPodsも充電できるというのはなかなか珍しい。

ただし、想定しているのは既存のAirPodsのようだ。小型のQiワイヤレス充電レシーバーを専用カバーでAirPodsケースの背面に忍ばせ、それでワイヤレス充電に対応させる。

見た目を本家に寄せるために、かなり試行錯誤してできた製品という印象だ。

・充電スタンドにも

専用のスタンドを使えば、このパッドを立てて充電スタンドとして使うこともできる。テーブルに置いて使うよりも、こうして立てて使いたいというユーザーも一定層いるはずだ。

電力も10Wなので、なかなかの充電速度を期待できそうだ。同じくAppleから発売予定のワイヤレス充電に対応させた新型のAirPodsケースが果たしてこのPluxで使えるのかどうかが大変気になるところ。公式サイトでは「対応させたい」とコメントしているようだが、まだAppleの方がケースを発売していないので、詳しいことはわからない。

Pluxは本記事執筆時点でIndiegogoでたったの49ドル(約5250円)から出資注文できる。発送は2018年4月頃を想定しているようだ。

執筆:Doga

Plux/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。