ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仙台のヒップホップクルーGAGLEを知っているか? 珠玉の『Vanta Black』

仙台のヒップホップクルーGAGLEを知っているか? 珠玉の『Vanta Black』

4年間の音楽的な進化、更なるメッセージの広がりと深み…再び怪物的な成長を遂げた仙台を拠点とするヒップホップクルー・GAGLEの集大成として届いたのが、本作『Vanta Black』。

文字通り新しい領域の”黒”ミュージックへの挑戦となる。

ソロ活動を経たGAGLEの集大成

前作から4年間のインターバルの間、GAGLEの3人は個々で目まぐるしく活動を行ってきた。 

HUNGERはモンゴル、アメリカ、オーストラリア、タイ、韓国、日本という6カ国のアーティストとのコラボレーションも展開したソロ・アルバム『SUGOROKU』を2016年にリリースし、RHYMESTERの最新アルバム『ダンサブル』収録の「爆発的」をはじめ、フューチャリングアーティストとして数多くの作品で客演。

DJ Mitsu the Beatsは、世界的トランぺッターとして活躍する黒田卓也とのコラボレーション『Autumn Leaves』、『Celebration of Jay』や『Beats Installments』シリーズ・アルバム2作品と、ソロ作をワールドワイド・リリース。

DJ Mu-Rも、Mix CD作品のリリースやDJ活動の展開と、各メンバーのソロ・ワークやサイド・プロジェクトも精力的に展開してきた。

こんな3人の個々の活動を持ち寄り集約させたものが、本作『Vanta Black』になる。 


アルバムはDJ Mitsu the Beatsによるプロデュース作品を中心に展開。ソウル、ジャズをはじめとするブラックミュージックルーツなサウンドを軸に、ダブ、エレクトリック・サウンド、ハウス、ディスコ、ワールドミュージック等を取り入れた多彩な音楽性、革新的なビートやグルーヴを展開した、刺激的なサウンドになっている。

ゲストミュージシャンには黒田卓也金子巧(cro-magnon)が参加。

ハープ、オルガンが温かく雄大なムードを色づける「Vanta Black」に始まり、エキゾチックなリズムに鎮座DOPENESS KGE THE SHADOWMENとのスリリングなセッションが繰り広げられる「和背負い」、黒円盤=音盤=音楽への愛と想いと共に”Life With Music”をソウルフルに唄う菅原信介をFeatした「小こい円盤」、そして Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA) によるシンガーソングライター的歌世界とヒップホップの融合がハートフルに展開される「日日Living」、そしてGAGLEの音楽人生の集大成ともいえる名曲の風格を漂わせる「Always」まで。

珠玉の12曲の音の旅路が、ここに温かく刻まれている。

先日行われたRHYMESTERの「KING OF STAGE Vol.13~ダンサブルRELEASE TOUR 2017-2018~」の東京公演でフロントアクトを務めた際に披露された本作の楽曲たちは、ステージ功者・RHYMESTERのライブに勝るとも劣らない盛り上がりをみせた。


これから日本全国で待っているファンは『Vanta Black』の楽曲を生で堪能出来る機会も期待していることだろう。

引用元

仙台のヒップホップクルーGAGLEを知っているか? 珠玉の『Vanta Black』

関連記事

異世界VTuberアムフォが深淵 独自の言語、存在しないゲームの実況…
インタビューが文字の時代は終わった? SEEDAが設立「ニートtokyo」の裏側
Tik Tokで人気の元ネタ15曲まとめ! はさみーもマジ卍もあるよ

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy