ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心臓発作を感知するウェアラブル「Embrace」、FDAの認可を取得

米国マサチューセッツ州に拠点を置く医療スタートアップ、Empatica社が開発した「Embrace」は手首につけるスタイルといい、大きさといい、どう見てもスマートウォッチかフィットネストラッカーだ。

だれも、このウェアラブルデバイスが医療機器だとは思いもしないだろう。そう、Embraceは医療目的のデバイスで、なんと心臓発作を感知するのだ。

このほど米国食品医薬品局(FDA)に、医療機器として認められた。

・皮膚電気活動をモニター

Embraceには3軸加速度計、ジャイロスコープ、温度センサーなどが内蔵されていて、フィットネストラッカーのように活動量を計測したり、睡眠をモニターしたりすることができる。

ただそれで終わらないのがEmbrace。EDA(皮膚電気活動)センサーで心臓発作のシグナルをキャッチできるのだ。

・発作アラートを家族に

EmbraceはスマホとBluetoothで連携し、心臓発作の予兆を感知したら、あらかじめ登録しておいた人にアラートが送られる仕組みになっている。

なので、心臓に持病を抱えている人と家族にとっては、万一の事態を防ぐのに心強い存在となる。

ちなみに、Embraceは防水加工されていて水泳やシャワー時にも装着でき、通常は時刻表示して時計として使えるようになっている。価格は249ドル(約2万7000円)。

Empatica

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy