ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「作るのも使い込むのも楽しい。壊れたら、新しく作り直すのも楽しい」――うしろシティ・阿諏訪泰義、“レザークラフト”を語る

「作るのも使い込むのも楽しい。壊れたら、新しく作り直すのも楽しい」――うしろシティ・阿諏訪泰義、“レザークラフト”を語る

プロ顔負けの料理に一人キャンプ、DIY……黙々と手を動かすのが好きな、職人肌の阿諏訪(あすわ)さん。今回は、近ごろハマりにハマっているレザークラフトについてインタビュー。キャンプ道具から財布にキーケース、スパイスケースなどもすべて自作しているほど、のめりこんでしまう魅力とはいったい?

睡眠時間を削って作り出す、趣味のひととき

――前回はキャンプについて語っていただきましたが、今回はもうひとつの趣味・レザークラフトについて聞かせてください。

レザークラフトで最初に作ったのは、キャンプで使う斧のシース(カバー)です。付属のケースがどうにもちゃっちくて、付け替えたいのに、ちょうどいいサイズの既製品がない。じゃあ自分で作れないかなと思って、YouTubeでレザークラフトの動画を観てみたのがきっかけでした。

そうしたら、案外簡単そうで……試しに安い革の端切れで作ってみたら、サクッとできちゃったんです。もともと手を動かすのは好きだから、楽しくて! ほら、作業に没頭していれば、その日どんなにスベってたとしても、いったんはそのことを忘れられるじゃないですか(笑)。

それからはもう、どんどんのめりこんでいきましたね。作るのはキャンプグッズが多いです。市販のキャンプ用品は、携帯性を重視してなるべく軽くしてあるから、あんまりデザインがよくなかったりするんですよ。だから、ほしいものはもう、レザークラフトで自作。

革製品は使い込めば使い込むほど味が出るから、愛着も湧いて、キャンプがより楽しくなるんです。忙しくても、寝る時間を削って手を動かしてますね。

▲長財布にキーケース、キャンプ用のポーチ。日常生活のさまざまな場面で、自作のアイテムが活躍している。

 

日常のなかで「あ、これ俺が作ったんだ」と思い出す喜び

――寝る間も惜しんでやってしまうほどの、レザークラフトの魅力って何なんでしょう。

やっぱり、自分好みのものが作れるところですかね……料理と違って、物が手元に残るのもいい。たとえばこの財布も作ったんですけど、毎日普通に使っていて、買い物するときなんかにふと見るでしょ。それで「あ、これ俺が作ったんだった」って思い出すだけで、うれしいんです。

誰かにプレゼントして、喜んでもらえるのもいいですね。IQOS(アイコス)が登場したてのときにケースを自作したら、いろんな人に「俺にも作って」と言われて、受注販売みたいになってました。最初に5,000円渡されて頼まれると、前払いでお金を受け取っちゃってるから、もう断れない(笑)。そのころは、コツコツと何個もIQOSケースを作ってました。

あと、改良を加えていけるのも自作ならではの喜びですね。最初に作った財布はチャックが短くて使いにくかったから、2代目のこれはチャックをコの字に伸ばして、ぐっと開きを大きくしました。使った革は「コードバン」という馬のおしりの部分で、通称“革のダイヤモンド”。よい革だけに、風合いが少しずつ変わっていくのも楽しみにしています。

▲財布を手に取り、チャックの改良点を熱く語る阿諏訪さん。

知識が増えてくると、素材選びもどんどん面白くなるんです。「牛でこの厚みだとキーケースに向いてるな」「この色をポーチに使いたいから、薄い端切れを何枚も組み合わせよう」とか、具体的に想像がふくらみはじめる。そうすると、次は何を作ろうかってワクワクがとまらないんですよ。

――作るもののアイディアは、どのように生まれることが多いですか?

日常生活でしっくりきていないアイテムから「こういうものがほしいな」「どうやって作ろうか」って考えることが多いです。紙になんとなく完成図を描いてみたり、ストックしてある端切れをいろいろ眺めてみたり……。ふと「車のサイドブレーキにレザーを巻いたら、かっこいいんじゃないか?」と思って、夜中にいそいそブレーキを測りに行ったこともあります(笑)。

やっぱり、自分の手でゼロからものを生み出すのって面白いですよね。風呂上がりにお酒を用意して、作業台に座って、手を動かしてるときが、本当に幸せです。

▲自宅の作業スペースは、工具でいっぱい。趣味の域を超えつつある品揃えだ。

 

YouTubeと100均の工具で、初心者も簡単に始められる

――作るものを想像するとき、実際に手を動かしているとき、できあがったものを使い込むとき……レザークラフトって、ずっと楽しいですね。

そうですね。なんなら、作ったものが壊れても楽しいんですよ、新しく作り直せるから(笑)。

それに、革を染める楽しみなんかも出てきちゃいます。最初は難しそうだなって思うけど、動画を観てみたら「……できそうだな?」と(笑)。染料買って、綿棒に巻いたコットンにつけて、革をとんとん叩いて染めていく。意外と思い通りに仕上がったりするから、やめられません。YouTubeにはプロ級の動画がいっぱいあるから、なにか気になったらすぐに調べられるし、やり方もわかりやすくて、本当にお世話になってます。

――初心者が作るのに、チャレンジしやすいアイテムはありますか?

レザークラフトは基本的に、切った革のパーツを糸で縫ったり、金具で接着しながら、かたちを作っていきます。だからまずは、パーツや装飾の少ないものがおすすめ。キーケースなどは1~2枚の革をシンプルにくっつけるだけでも充分それらしくなるため、手軽にチャレンジできると思います。

オーソドックスに見えるけれど、手間がかかるのはステッチ。縫うための穴をあけたり、糸や針を揃えなくちゃいけないから、地味にハードルが高いかもしれません。

▲2枚の革に穴をあけ、糸で縫い合わせていく作業中。

最初は、打ち込むだけで革を接着できる「カシメ」という金具が便利です。100均で売ってるような木づちとカシメさえあればOK。少ない手間と少ない工具でできるものから、気軽に始めてみるのがいいですね。

でも、ハマってしまうともう果てしない。我が家にはすでに60種類くらい工具があるけれど、まだ月に1本くらいずつ買い足しています。最初はすべて似たような商品に見えて、1本500円なんて高いと思っていたのに、だんだん「あ、これはこういうときに使うんだ……」「なるほど、これは要るな~!」ってなっちゃって(笑)。やればやるほど知りたくなるし、突き詰めたくなるのは、レザークラフトもキャンプも料理も一緒かもしれませんね。


阿諏訪泰義(うしろシティ)

1983年、神奈川県生まれ。2009年にコンビ結成。「ウチのガヤがすみません」(日本テレビ)、「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ)準レギュラー、「うしろシティ星のギガボディ」(TBSラジオ)などにレギュラー出演中。松竹芸能所属。

Twitter

撮影:池田博美

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy