ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

置くだけ充電!全面一体がQiワイヤレス充電パッドのテーブル「Surface Charge」

Qiワイヤレス充電パッド一体型のスタンドライトは今やたくさん売られている。AppleがiPhoneにQiを採用するようになったことから、今後ますます一体型のアイテムが増えていくのではないだろうか?

そしてゆくゆくは、充電していることすら意識しなくて良い生活がやってくるはずだ。今回紹介するテーブル「Surface Charge」はまさにそんなアイテムの先駆けとなるかもしれない。

・全面一体どこに置いても充電可能?

Surface Chargeは、Apple Watch1台とQiワイヤレス充電対応デバイス3台まで充電することができるテーブルだ。驚くのが、Apple Watch以外は、テーブルのどこに置いても反応してくれるということ。

一般的なワイヤレス充電は、パッド部分にデバイスを置かなくては充電が開始されない。しかし、このテーブルの表面30cm×37cmという範囲全てが充電エリアなので、ただスマホをテーブルに置けば充電が開始される。

そう、これぞまさしく充電を意識しなくても良いテーブルということだ。

・対応電圧も複数用意

さらに、対応している電圧が5W、7.5W、10W、15Wと複数用意されている点も魅力だ。ワイヤレス充電だと、電圧の違いによっては充電速度がグンと落ちてしまうのがネックだが、10W、15Wが用意されているのは心強い。

テーブル本体は、足に搭載されているUSB-Cポートで壁のコンセントから給電することになる。背面にUSB-Aポートも搭載されているので、有線による充電にも対応している。

デザインもクリーンかつシンプルで、どんな部屋のレイアウトにも合いそうだ。値段は今ならKickstarterにて179ポンド(約2万7600円)で、キャンペーンは2018年3月11日まで実施されている。

執筆:Doga

Surface Charge/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy