ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタイン前の必読書!? 人気恋愛コンサルタントに学ぶ「出会いが増える顔」

バレンタイン前の必読書!? 人気恋愛コンサルタントに学ぶ「出会いが増える顔」

 今年こそ新しい出会いが欲しい。素敵な恋人が欲しい。そんなふうに思っている皆さん!

 何もせず待っているだけではダメ。かといって、むやみやたらと行動すればいいというものでもない。いちばんの近道は「男性が話しかけたくなるような見た目になること」かもしれません。

 生まれ持った顔が美人でなくとも、メイク、ヘア、ファッションなどを「愛され仕様」に変えれば、誰でも出会いを増やすことは可能だと断言するのは、恋愛コンサルタントの高橋あいさん。そんな彼女が教えてくれるのは「最大公約数のモテ」、いちばん多くの男性が求める見た目の法則です。本書『最速で出会いが増える顔になる』は男性からの誘いが増える、恋人ができるためのテクニックやコツが満載な一冊となっています。

 恋愛本には精神論が書かれているものも多いですが、本書の魅力はなんといってもことごとく実践的な内容である点ではないでしょうか。

 たとえば「メイクで変身しない」という言葉。これには「え、メイクの手ほどき本なのにおかしくない?」と思う人もいるかもしれません。けれど、「メイクで露骨な『大変身』をすればするほど、『恋する顔』からは遠ざかってしまいます」と高橋さん。トレンドを取り入れて新しい顔を作ることはとても楽しい挑戦ですが、あくまでも「最大公約数のモテ」の観点から考えるならば「自分の顔をいかしたメイクをする」というのが正解なのです。

 それにはチークは「ピンクのチークを厚塗り」ではなく「赤のチークを三日月形に入れて自然なほてり感を出す」のがいいし、アイシャドウは「カラー&ラメでおしゃれな目もとに」ではなく「ベージュとブラウンの2色だけ」で「目もとのホリを深く見せるためのツール」と考えるのがいい。写真付きでメイク法を解説してくれたり、おすすめのブランドや商品名を実際に出してくれるのもわかりやすく丁寧です。

 このようにチャプター1ではメイクについて、続くチャプター2では髪、チャプター3ではファッション、チャプター4では話し方、チャプター5ではマインド(心の持ち方)についての手ほどきが書かれています。

 2015年に恋愛コンサルタントとして活動を始めたという高橋さんですが、これまで開催した婚活メイク講座や恋愛講座では受講者の87%が「出会いが増えた」「恋人ができた」と答えているといいます。中には「まるで住む世界が変わった」なんて人までも……!

 美人じゃなくてもちょっとした見た目のコツを変えるだけで、人生が劇的に変わることがある……この本を読むと、それも夢の話ではないと思えます。もうすぐやってくるバレンタイン。素敵な出会いを引き寄せたいという方は、高橋さんのシンデレラレッスンを本書で学んでみては?

■関連記事
日本の女性が家事をする時間は1日平均何時間?
朝から本屋で英語を学ぶ!? 下北沢でユニークな英会話教室
リアルでもネットでも余計な失言で失敗しないためには?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy