ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古川雄輝が初NG宣言!『猟奇的な彼女』クァク・ジェヨン監督の超ハードな撮影とは……映画『風の色』インタビュー

furukawa-5

『猟奇的な彼女』、『ラブストーリー』、『僕の彼女はサイボーグ』などのヒット作で知られるクァク・ジェヨン監督の最新作『風の色』が1月26日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋をはじめ、全国公開中。

主演は、ドラマ『イタズラな Kiss〜Love inTokyo』で注目を集め、Netflix配信のドラマ『僕だけがいない街』でも主演を務める古川雄輝さん。ヒロインは約1万人のオーディションから選ばれたシンデレラ・ガール、藤井武美さんが務めます。

流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、同じ容姿の2組の男女が織りなす、神秘的で少し謎めいたラブストーリー。本作で古川さんは天才マジシャンの隆とマジシャンを志す青年・涼の1人2役に挑戦。古川さん史上一番ハードだったという撮影現場の裏側などたっぷりお話を伺いました。

furukawa-2

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
https://getnews.jp/2011508[リンク]

全衣装をロケバスに用意! その日何をやるのかは監督の頭の中にしかない

――少しトリッキーな脚本ですが、まず読んだときにどう感じましたか?

古川:読んだ時は、最初にプロデューサーと監督にけっこう相談しました。やっぱり韓国の脚本家さんが書いているので、日本人との感覚とちょっとしたズレが出てくるんですよ。それを「どうしますか?」という話をけっこうしました。

例えば、この作品は独り言が多いんです。「この独り言ってたぶん言わないんじゃないですか?」とか、愛してるってセリフがあるんですけど、「これ日本人だったらたぶん『好きです』がいいですよ」とか。でも英語の字幕だと「I love you」だから全然不自然じゃないんですよ。それはたぶんあっちの感覚からすると不自然じゃないんです。けれど日本人の感覚からするとちょっと違う。そのズレがどうしても出てくるので、それに関しては「こうした方がいいですよ」と、言いました。

――日本語のセリフの微妙なニュアンスの直しをしたんですね。

古川:僕が脚本家の人かな、と思うくらい、けっこうしました。「ここ絶対こうした方がいいですよ」や「ここはたぶん言わない方が……」など言いました。少しセリフの言い回しが舞台寄りなんですよね。だから「そうなってますよ。それでいいんですね?」というお話は僕の方からちゃんとしました。人それぞれ捉え方は違うので、武美ちゃんの場合は、もう“そういう喋り方をする人”だって捉えて演じていました。

――作品自体は、なかなか日本で観ることのない美しさだなと感じました。古川さんは作品をご覧になられてどんな印象を受けましたか?

古川:やっぱり海外映画っぽいなという印象はもちますよね。脚本も監督も韓国の方なので、普通の日本人の感覚とは違うかなと思います。僕は英語を喋ることができるんですけど、韓国で上映会をしたときに、英語でも字幕があって、やっぱり英語の字幕を読みながら観るのと日本語で聴くのとではだいぶ印象が違う部分もありました。もちろん日本のキャストで日本語のセリフなんですけど、笑いどころとか、ユーモアがある部分も、日本人の感覚とはちょっと違うかなという気はしていて。

撮影方法もすごく独特で。それは韓国がというより、クァク・ジェヨン監督だからだと思うんですけど、例えば、「あ、夕日きれい。これ撮ろう」とか、次のシーンは泣く予定じゃなかったのに、「ここは泣こうか。はい、本番」とか、その日何をやるのかが監督の頭の中にしかない。だから、マジックのシーンも20分前に「このマジックをやろう」と言われ20分間で練習して、観客の生のリアクション撮りたいから、そのまま本番とか。

あと印象的だったのは回想のシーンで、わざとセリフを逆から言うんですよ。逆さまに2倍速でセリフを言ってスローモーションで逆再生で撮ると、映像では人が全部逆に動いていて、かつスローモーションだけど唇は普通の速さになっている(※独特の映像表現なのでぜひ本編で確認してみてください!)。そういう独特な撮り方をいろいろしているんですよね。

1 2 3 4 5次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。