ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「ちゃんと好きってどういうこと?」思わず自問自答してしまう恋愛映画『サッドティー』
  • 【独占入手】たーのしー! 映画『キングコング』のトレーラーを“運動会”っぽく編集した動画
  • 【まずは君が落ち着け】『シン・ゴジラ』地上波初放送が決定! 11月12日はテレビの前で待機だ
  • 『エンダーのゲーム』コミカライズでSFに初挑戦! 漫画家・佐藤秀峰インタビュー
  • 人生のホラー映画ベスト4 【映画『こどもつかい』 清水崇監督 編】
  • 【動画】『スター・ウォーズ』のキャスト陣、映画のテーマ曲をアカペラで見事に歌い上げる
  • 映画『ハリー・ポッター』の蒸気機関車ホグワーツ・エクスプレスは実在する / 実際に乗れます
  • 【映画クロスレビュー】ニンジャ亀が大暴れ&ネズミ師匠がカッコイイ! 知らない派は予習を『ミュータント・タートルズ』
  • 皆一緒にクイックシルバー!『X-MEN:ダークフェニックス』ファンイベントで“ジェスチャーゲーム”に挑戦:動画
  • 【独占記事】実写リメイク版映画『ライオン・キング』、ナラ役の声優第一候補にビヨンセの名が浮上
  • 映画『ピーチガール』の音楽を手がけた蔦谷好位置さんに聞く「無意識に“キラキラおじさん”なのかもしれません」
  • 米国に次いで2位! 『アナと雪の女王』韓国で異例の大ヒット
  • 「映画史上最高のラストシーンは?」に挙がる名画の数々
  • 映画『ファインディング・ドリー』が大ヒットした5つの理由
  • 前売券特典に末次由紀先生描きおろしクリアファイル 映画『ちはやふる・上の句/下の句』公開日決定 [オタ女]
  • ケイト・ブランシェットの強烈演技が話題! もしも『シンデレラ』の継母が現代にいたら

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

次期の日産 ジュークには、e-POWER搭載グレードも設定!!

▲ブーメラン型ポジションランプとV字型ラジエターグリルが強調される次期ジューク。丸目ランプも引き続き踏襲されるようだ

▲ブーメラン型ポジションランプとV字型ラジエターグリルが強調される次期ジューク。丸目ランプも引き続き踏襲されるようだ

コンパクトSUV市場を開拓したパイオニア

国内だけでなく、海外でもコンパクトSUVの人気は上昇の一途をたどっている。このジャンルを切り開いたモデルが、2010年に発売された日産 ジュークだ。

登場と同時に、日本国内と欧州で人気を集め、すでにデビューから7年が経過するロングセラーモデルと化している。

それでも飽き足らない日産は、より低価格なモデルとして、キックスを開発。

南米や中国といったモータリゼーションが盛んな市場に投入。さらに北米でリリースすることもLAオートショーで発表された。

もちろん、キックスが発売された後も、ジュークが姿を消すことはないだろう。

ジュークには、先進テクノロジーや個性豊かなデザイン、2+2感覚のタイトなキャビンを売りに掲げる使命が残されているからだ。

待望のモデルチェンジは、当初の予定より遅れている模様だが、2018年秋にも2代目がお目見えするのではないかとの見方が強い。

▲BセグメントのクロスオーバーSUVとして、2010年に国内外で発売された。日本だけでなく、英国でも生産されている。丸いヘッドランプや目立たないリアハンドルなど、デザイン的な特徴が多い

▲BセグメントのクロスオーバーSUVとして、2010年に国内外で発売された。日本だけでなく、英国でも生産されている。丸いヘッドランプや目立たないリアハンドルなど、デザイン的な特徴が多い

あのe-POWERを搭載

シャシーには、ルノーとのアライアンスを通じて開発されている、CMF-Bプラットフォームが初めて起用される可能性が高い。

同じく期待が高まるのは、ノートで実用化されて成功を収めたe-POWERの搭載だ。

e-POWERとは、発電専用のエンジンと駆動用モーターが組み合わされた、いわゆるレンジエクステンダーで、充電の必要がない電動車の姿を世に問うた。

ハイブリッドカーよりも爽快な加速フィールが味わえることや、独創的な技術が支持され、ノートで販売実績を伸ばしてきたことは周知のとおりだ。

今春には、セレナにも設定されていることが予告済みだ。

エクステリアには、日産が各車に統一して用いているデザイン要素、すなわちブーメラン型のポジションランプと、V字型グリルが採用されるだろう。

すでに現行モデルに織り込まれ済みではあるが、ラジエターグリルの拡大によってスポーティさが強調される。

いちだんとアグレッシブな印象が強調されるに違いない。

また、リアクオーターピラーは、上半分がブラックアウトされ、サイドとリアの各ウインドウが、つながって見える処理が施されるだろう。

これもセレナやリーフ、海外専売モデルなど、最新の日産車に見られるエッセンスだ。新たなパワートレインを出した人気モデルの登場が楽しみだ。

※2018年1月19日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2018年9月

■全長×全幅×全高:4150×1770×1565(mm)

■搭載エンジン:1.2L 直3レンジエクステンダー他text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、日産自動車

関連記事リンク(外部サイト)

ベビーカーも余裕の圧巻の収納力! 乗ればワクワクする家族のためのステップワゴン
テリー伊藤が思う「二大イッちゃってるアメ車」のひとつ、シボレー SSRに遭遇!
夫婦2人で乗るのは◎のマツダ デミオだが、ベビーカーの収納はやや苦手

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき