ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SpaceX、発射台の巨大ロケット「Falcon Heavy」の様子を公開

SpaceXは、間もなく打ち上げを予定している巨大ロケット、Falcon Heavyの現在の様子をとらえたドローン動画をInstagramで公開した。

すでに米国フロリダ州のケープ・カナベラルにある発射台に据えられていて、スケールの大きさがみて取れる。

・飛行機18機分の推力

火星まで飛ばすことを目標としているこのFalcon Heavyは高さ70メートルもあり、また1段目ブースターを3本搭載するなど、その名の通りかなり巨大。

SpaceXのコメントによると、Falcon Heavyの打ち上げ時の推力は約500百万ポンド。これは、ボーイング747型18機分に相当するのだという。

・今月下旬に打ち上げ?

Falcon Heavyの地球低軌道までのペイロード(輸送可能な量)は6万3800キログラム。スペースシャトル(約2万4000キログラム)の倍以上の物資を1回で運ぶことが可能となる。

ちなみに、火星までのペイロードは1万6800キログラムとなっている。

Falcon Heavyの打ち上げは今月下旬とも言われているが、まだ正式に発表はされておらず、気になるロケットファンはInstagramでフォローしておくと最新情報がいち早く入手できそうだ。

SpaceX

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy