ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超会議】『ニコニコ超会議』のニコつく個人ブースで人気の紙で作られた等身大『Lat式初音ミク』

紙で作られた等身大「Lat式ミク」

『ニコニコ超会議』は人気サービスや企業のピーアールだけでなく、個人の制作物も出展されるのはご存じだろうか。そんな個人ブースが集められたのが、『ニコつく』というエリアで、そこには個人で作られた(一部法人もある)ニコニコ関連物が出展されている。

その中で一際人気を集めていたのが、紙で作られた等身大の『Lat式初音ミク』だ。これは過去にガジェット通信で紹介したことがあるもので、知っている人も居るのではないだろうか。

A0用紙(841×1189ミリ)を4枚使用しクリスマスとバレンタインデーを丸々返上し、2か月掛けて製作されたシャドーボックスと言う少しマイナーな手芸。今回の『ニコニコ超会議』に出展されることを知りワクワクしながら教えて貰ったブースに向かった

Kanju氏が製作したこの等身大初音ミク。紙で作っておりペラペラかのように見えるが、実際に見てみると思った以上に立体感が出ておりビックリ。スカートの折り目も丁寧に作り込まれている。

記者がスカートの下からパンツを覗いていたところ(仕事のため)、「スカート外しましょうか」といやらしい手つきでミクのスカートを外してくれたのだ。そこにはなんと……。

これを見たい方はあした『ニコニコ超会議』に足を運び、「生放送を観た」と合い言葉を言えばスカートを取ってくれるぞ。
スカートの他にもメガネも取り外し可能となっている。
あざとい! あざとすぎるぞ!

あざといLat式初音ミクを等身大にしてみた凄い人が現れる! 「さらに改良してニコニコ超会議に持っていく!」

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。