ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年に発売されたばかりのあのモデルも、中古車でチェックしてみよう!【2017年、ご愛顧いただきありがとうございました!】

▲「今日の新車は明日の中古車」ということで、2017年に発売されたばかりの新型車をチェックしてみましょう

▲「今日の新車は明日の中古車」ということで、2017年に発売されたばかりの新型車をチェックしてみましょう

2017年も今日で終わり……

2017年の大晦日。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

今年もご愛顧いただきありがとうございました。2018年もよろしくお願いします!

さて、国内市場では、今年もたくさんの新型車が誕生しました。そしてそんなモデルたちも、年が変わるのを待たずして、中古車で狙える状況となっています。

今回は、そんな「今年でたばかりなのに、中古でも狙えるモデル」をピックアップして紹介します。

※流通台数は、2017年12月27日現在のカーセンサーnetに基づいた数字です

スズキ ワゴンR(2017年2月発売)

スズキ ワゴンR(Photo:阿部昌也)

今年はじめにフルモデルチェンジし話題となった、スズキの売れっ子軽自動車。

広瀬すずさん、草刈正雄さんのテレビCMがガンガン放映されているので、ご存じの方も多いでしょう。

最新の現行型は、6代目にあたります。室内空間や装備の完成度は高く、「さすが業界をけん引してきた“ご長寿”モデル!」という感じ。

マイルドハイブリッドを初搭載し、燃費もさらに良くなりました。(33.4㎞/L・JC08モード)

中古車の流通量はすでに1000台以上。もう十分に選ぶことができるでしょう。

グレードにより3種類のフロントフェイスが用意されているので、好みに合わせてチェックしてみてください。

スズキ ワゴンR(現行型)の中古車はこちら スズキ ワゴンR(現行型)の詳しい情報はこちら

トヨタ プリウスPHV(2017年2月発売)

トヨタ プリウスPHV(Photo:篠原晃一)

石原さとみさんのテレビCMが印象的でしたね。プリウスベースのプラグインハイブリッド「プリウスPHV」です。

37.2km/L(JC08モード)を誇る現行プリウスがさらに“電気だけでも走れる”ようになっているので、燃費に関してはもう最強の域。

短距離の移動をメインに利用する方は特に「前にガソリンスタンド行ったのいつだっけ……」となってしまう車です。

中古車の流通は今のところ200台前後。そのほぼすべてが走行距離1万km以下ということで、いろいろと安心して選ぶことができるのは嬉しいところ。

トヨタ プリウスPHV(現行型)の中古車はこちら トヨタ プリウスPHV(現行型)の詳しい情報はこちら

ダイハツ ミライース(2017年5月発売)

ダイハツ ミライース(Photo:奥隅圭之)

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートがコンセプトの軽自動車、ミライース(e:S)。

“大きな鍵”のシュールなテレビCMが印象的です。

2017年のフルモデルチェンジでは、基本性能を向上させ、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」も初めて採用しています。

燃費も35.2km/L(JC08モード)と優秀。

中古車はすでに900台以上流通しており、色なども十分に選べそうです。

ダイハツ ミライース(現行型)の中古車はこちらダイハツ ミライース(現行型)の詳しい情報はこちら

トヨタ カムリ(2017年7月発売)

トヨタ カムリ(Photo:尾形和美)

日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された、今年話題の1台。トヨタのFFセダンでは最上級に位置するモデルです。

TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づき、プラットフォームやユニット、電子系などすべての部品をゼロから開発。上質さにさらに磨きがかかりました。

中古車の流通量は20台以下と、まだわずかですが、オプション装備を豊富に搭載した物件が多いので、新車でオプション含め検討している方は、一度目を通してみると良いかもしれません。

トヨタ カムリ(現行型)の中古車はこちらトヨタ カムリ(現行型)の詳しい情報はこちら

ホンダ N-BOX(2017年9月)

ホンダ N-BOX(Photo:篠原晃一)

言わずと知れた日本一売れている軽自動車。エクステリアの印象がそこまで大きく変わらないので、“新型”感は薄いかもしれませんが、中身はしっかり変わっています。

プラットフォーム、パワートレインは新開発。安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や助手席スーパースライドシートなどの新しい快適装備も採用されています。

9月に発売されたばかりですが、中古車の流通量は600台以上。現在のところ、そのすべてが1万km走行以下という素晴らしいコンディションなので、チェックしてみて損はありません。

ホンダ N-BOX(現行型)の中古車はこちら ホンダ N-BOX(現行型)の詳しい情報はこちら

2018年の動向に注目!

この他にも、2017年には、ガソリン車が追加されたマツダ CX-3やホンダのシビックシリーズ、日産の電気自動車リーフなどなど、魅力的な新型車はたくさん登場しました。

2018年もたくさんの新しいモデルが登場することでしょう。

「今日の新車は明日の中古車」……ということで、気になる車は、新車に限らず中古車でも、ぜひチェックしてみてください!

text/編集部 井上恵利

photo/阿部昌也、篠原晃一、奥隅圭之、尾形和美

関連記事リンク(外部サイト)

スズキ ワゴンR(現行型)の中古車はこちら
スズキ ワゴンR(現行型)の詳しい情報はこちら
トヨタ プリウスPHV(現行型)の中古車はこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。