ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホームパーティーのレベルをグッと上げてくれる“ウェリントン”を作る

1712241

ホームパーティーも増えるこのシーズン。イギリスの有名なローストビーフ料理をつくってみてはいかがでしょう?

今日ご紹介するのは19世紀にフランスの皇帝ナポレオンを破ったウェリントン公の名前が由来とされている、昔からイギリスの紳士淑女に愛されてきた逸品。王道のビーフと、派生形のチーズの“ウィルトン”レシピをお届けしたいと思います。

<ビーフ・ウェリントン>
■材料
・牛ヒレ肉 1キロ
・オリーブオイル 大さじ3
・マッシュルーム 250グラム
・バター 50グラム
・大きいタイム 1個
・ドライホワイトワイン 110ml
・生ハム 12スライス
・パイ生地 500グラム
・小麦粉 少々
・卵黄(小さじ1の水とよく混ぜたもの) 2個分
■作り方
1.オーブンを220度に予熱します。オーブンのトレイに載せた牛フィレ肉に大さじ1のオリーブオイルと胡椒で味付け、オーブンで15分から20分調理します。お好みの焼き具合になったら、お肉をオーブンから取り出し、約20分間冷蔵庫で冷やします。
2.牛肉を冷やしている間、マッシュルームをできるだけ細かく刻んでください。
3.オリーブオイル大さじ2とバター50グラムを大きな鍋に入れて、中火でマッシュルームを炒め、タイムを入れ、10分ほど良くかき混ぜます。マッシュルームに味付けをし、100mlのドライホワイトワインを入れ、ワインがマッシュルームに全て吸収されるまで、10分間火にかけ続けます。鍋からマッシュルームだけを取り出し、冷やします。
4.大きなチョッピングボードにラップを二枚重ねます。ラップの上に12枚の生ハムを広げます。生ハムの上に調理したマッシュルームの半分を広げます。その上に牛肉を置き、残り半分のマッシュルームを広げます。
5.ラップを使って、生ハムを綺麗に、牛肉に巻いて、筒状にし、冷やしておきます。
6.500グラムのパイ生地の3分の1で18センチかける30センチの生地を作り、ベーキングシートに敷いておきます。パイ生地の残りを28センチかける36センチの生地を作り、ベーキングシートに敷きます。
7.牛肉をラップから取り出し、小さい生地の上に置き、卵黄2個と水、大さじ2を混ぜたものを、生地の端、牛肉にまんべんなく塗ります。
8.ローリングピンを利用して、牛肉の上に、大きな生地を乗せ、両端の接着部分をよく追い込みます。
9.端の部分を4センチ程にし、フォークなどで更にくっつけます。全体に先ほどの卵黄を塗り、ナイフの裏を使って肉の中に入らないように、線をつけ、少なくとも30分から24時間冷やします。
10.卵黄をもう少しふりかけ、オーブンで、黄金色になるまで、25分から30分調理します。オーブンから出して、10分冷やしたら出来上がり。

1712242

<チーズ・ウェリントン>
■材料
・バター 大さじ5
・小麦粉 1/4カップ
・ミルク 2カップ
・ダブルクリーム 1カップ
・塩 大さじ1
・マスタードパウダー 小さじ1
・チェダーチーズ 3カップ
・グリエールチーズ 2カップ
・パスタ(調理済み) 450グラム
・モッツァレラチーズ 1カップ
・パイ生地 500グラム
・ラッシュベーコン 18枚
・卵黄 2個分
■作り方
1.バターを泡立つまで加熱し、小麦粉を入れ泡立てます。一度に少しずつミルクを入れゆっくり泡立てて下さい。そこへクリームを加え、なめらかに泡立ったソースができるまで、泡立て続けて下さい。
2.マスタードと塩で味付けし、チェダーチーズとグリエースチーズを入れ泡立て、調理したパスタとモッツァレラチーズを入れ、混ぜたら、一時間冷蔵庫で冷やしておきます。
3.オーブンを180度に予熱しておきます。
4.パイ生地にベーコンを置き、その上にチーズをのせ、パイ生地で上手に巻きます。ベーキングトレイに移し、卵黄を塗って、パイ生地が黄金色になるまで約40分焼いたら出来上がり。

この冬はワンランク上の英国風ディナーを用意して、友人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

「BBCgoodfood」
https://www.bbcgoodfood.com/recipes/2538/beef-wellington
「TWISTED」
http://twistedfood.co.uk/mac-n-cheese-wellington/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。