体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6回目の開催となるインディーゲームの祭典 『BitSummit Volume 6』の2018年5月開催を発表

6回目の開催となるインディーゲームの祭典 『BitSummit Volume 6』の2018年5月開催を発表

日本のインディーゲームを世界へ発信することを目的に2013年に立ち上がったイベント『BitSummit』が、第6回のイベント『BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)』の開催を発表しました。会場は昨年と同じく京都・みやこメッセで、2018年5月12日(土)から13日(日)の2日間にわたって開催されます。

昨今の日本のインディーゲームシーンの活況を生み出し、数々の注目作品がいち早くお披露目されてきた同イベント。前回の『A 5th Of BitSummit』では、約1万人の来場者数を記録しています。

ガジェット通信でも第1回からその模様を伝えており、2016年と2017年はメディアパートナーとしてイベントに参加しました。

「自分が作りたいゲームを作ろう」 日本のインディーズゲームを世界へ発信するイベント『BitSummit』レポート
https://getnews.jp/archives/298243[リンク]

開発者が主役となる舞台へ インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』レポート
https://getnews.jp/archives/554986[リンク]

“ビッグブラザー”のIndie MEGABOOTHを迎え国際色豊かに インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』レポート
https://getnews.jp/archives/1058829[リンク]

インディーゲームの祭典『BitSummit 4th(フォース)』が閉幕 『BitSummitアワード』に10作品が選出される
https://getnews.jp/archives/1489352[リンク]

インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』が閉幕 『BitSummitアワード』に12作品が選出される
https://getnews.jp/archives/1749024[リンク]

現在、ティザーサイトでは出展者向けに応募要項を公開中。エントリー受付開始後、1月22日13時までエントリーを受け付けるとのこと。続報は随時お届けします。

12/20 17:30追記:
エントリーの受付を開始しました。

■開催概要
名称:BitSummit Volume 6 (ビットサミット ボリューム シックス)
日程:2018年5月12日(土)・13日(日)
時間:10:00 ~ 17:00
会場:京都市勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場
主催:BitSummit 実行委員会
・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)
(Q-Games / PYGMY STUDIO / Skeleton Crew Studio / Digital Development Management)
・京都コンピュータ学院
・京都府
特別協力:Indie MEGABOOTH
共催:KYOTO CMEX
運営: 株式会社802メディアワークス

BitSummit
http://bitsummit.org/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。