体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

八戸せんべい汁を食べ尽くす!りんご飴マンのディープなグルメ旅

八戸せんべい汁を食べ尽くす!りんご飴マンのディープなグルメ旅

こんにちは。生まれも育ちも東京ながら、青森に恋をして勢いで移住してしまったむき出しのキャラクター、通称「生ゆるキャラ」りんご飴マンです。
ところで「八戸(はちのへ)せんべい汁」というご当地グルメをご存じでしょうか? 八戸市を中心に、青森県南部から岩手県北部周辺で古くより食べられてきた郷土料理です。
八戸はイカやサバなど豊富な海の幸が有名ですが、せんべい汁を食べずして八戸は語れません! ということで、今回はディープな「八戸せんべい汁」の旅にご案内します。

八戸中心街へ出かけよう!

八戸駅前 りんご飴マン

基本この姿で八戸を徘徊しました。誰も近寄ってきません

JR東京駅からJR八戸駅までは東北新幹線で約2時間45分、りんご飴マンの住んでいる弘前からは在来線と新幹線を乗り継ぎ約1時間30分。八戸駅に着きましたー!
胡麻と落花生の南部せんべい

胡麻と落花生の南部せんべい

さっそくお土産屋さんで、名物「南部せんべい」を発見! 小麦粉を原料にした生地を丸い鋳型で焼いた、古くから地元民に愛されているお菓子です。小麦の素朴な味が、どこか懐かしい。
せんべい汁についてリサーチしていきたいところですが、今回は強力な助っ人をお招きしております。
八戸せんべい汁研究所 木村 聡さん

八戸せんべい汁研究所 木村 聡さん

八戸せんべい汁研究所(通称:「汁゛研」じるけん)の木村 聡さん。八戸せんべい汁を全国ブランドに押し上げただけではなく、あの「ご当地グルメでまちおこしの祭典! B-1グランプリ」の発案者でもある、町おこしに精通したお方です。
「今日は身も心もせんべいだらけの日になると思うから、覚悟してね」と、いきなり脅される私。

そもそも「八戸せんべい汁」って、なに?

八戸せんべい汁研究所 木村 聡さん

せんべい汁を語らせると止まらない木村さん

大量の資料を取り出し、発祥からウンチクまで丁寧に解説してくれた木村さん。
全部伝えると『ロード・オブ・ザ・リング』並みの超大作になってしまうので、かいつまむと……

1. せんべい汁とは、肉や魚、野菜やきのこ等でだしを取った汁の中に、鍋用の南部せんべいを割り入れて、煮込んで食べる八戸地方の郷土料理

2. 八戸地方は昔は稲作に不向きな土地であり、米の代わりに庶民は小麦を中心とした穀食生活を送っており、よくせんべいを食べていた(せんべい汁は食べ方のひとつとして食文化に定着)

3. 2002年、東北新幹線が八戸まで開通したことをきっかけに、木村さんは地元で当たり前に食べられていたせんべい汁に目をつけ、ご当地グルメとしてPR。すると、経済波及効果563億円を生み出す大ヒットに

もともと地元で食べられていた家庭料理が、木村さんたち「汁゛研」の働きかけにより、ご当地グルメとして発展していったのですね。
初級編ということで、八戸せんべい汁の味の違いを楽しめる3つのお店を紹介していただくことになりました。

優しい味わいがクセになる、鶏×醤油系

肴町のわが家 外観

まずは、八戸駅前から出ている市営バスに乗り、約25分で八戸市中心街に到着。「六日町」のバス停から徒歩すぐの「肴町のわが家」へ。地元食材を使った家庭料理と郷土料理を楽しめるこのお店では、定番のせんべい汁を味わえるので、ビギナーとしては最初に立ち寄りたいところ。
肴町のわが家 内観

ふらっと立ち寄りたくなる、落ち着いた店内

肴町のわが家 せんべい汁

せんべい汁をオーダーすると、コンロとともに具材と汁の入ったベースの鍋がやってきました。
鶏ガラと隠し味に煮干しを入れただしに、ゴボウ、ニンジン、鶏肉、ネギ、シイタケ、シメジなど、たくさんの具が入った一品。これぞ「ザ・八戸せんべい汁」という感じです。
肴町のわが家 南部せんべい

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。