ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年型のポップミュージック。踊Foot Worksが大晦日のデイタイムイベントを開催

踊Foot Works

2016年末の結成後、今年3月に1stアルバム『ODD FOOT WORKS』をリリース以降、耳の早いリスナーのみならずミュージシャンらにもその存在と音が広がっていった踊Foot works。
5月の初ライブを皮切りに、夏にはフジロックにも出演し、自主企画イベント「TOKYO INV.」ではRyohuやLEO今井、MONO NO AWAREらと共演。さらにはペトロールズのカバー企画『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP』にも参加。
「もっとPOPをDOPEに、ずっとDOPE POPに」をテーマに掲げ、ヒップホップをベースに、生バンドのグルーヴを活かしクリエイトする彼らの音楽像。それは、2020年型のポップミュージックと呼ぶにふさわしい求心力を誇っている。
そんな踊Foot Worksが、WOMBとタッグを組み大晦日のデイタイムに開催する「Arukeba Gravity 2017-2020」。
2017年の踊Foot Worksの集大成をぜひお見逃しなく。

現在、ゲストにはimai(group_inou)と、SANABAGUN.、ザ・スロットルのフロントマンである高岩遼のジャズライブが決定。全ライブアクトが360度センターステージで行われるという、各アーティストの貴重なパフォーマンスをぜひ楽しんでほしい。

高岩遼 imai

「Arukeba Gravity [email protected]WOMB大晦日LIVE」
OPEN:15:00 START: TBA CLOSE:19:00 | ADV : ¥3,000(入場時別途ドリンク代500円)
踊Foot Works/imai(group_inou)/ 高岩遼(JAZZ SET)

http://www.womb.co.jp/event/2017/12/31/arukeba-gravity-2017-2020/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。