ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2020年教育改革で変わる受験 「受かる子」の特徴は

2020年教育改革で変わる受験 「受かる子」の特徴は

「子育てに正解なし」と言いますが、我が子にとってベストな選択をと考えると、やはり色々な場面で迷ってしまうのが親心というもの。

特に教育に関しては、「どんな学校に入れるべきか」「どんな力を養えばいいのか」「語学は英語だけで大丈夫?」など疑問はつきません。特に今日本は教育改革の只中とあって、受験一つとってもさまざまな情報が錯綜している感があります。

そこで今回は、『モヤモヤが一気に解決! 親が知っておきたい教育の疑問31』(集英社刊)の著者で、衆議院議員時代から教育問題に取り組んでいる石井としろうさんにお話をうかがいました。その後編をお届けします。

――教育改革のただ中ということで、親としてはどう変わるのか知っておきたいところです。教育改革以後の学校教育の在り方についてお話をうかがえればと思います。

石井:ここ数年は、混乱期、移行期になるのかもしれません。例えば従来のセンター試験が廃止されますよね。そして、新しいテストが始まろうとしている。

今までは、唯一の正解を書かせるテストでしたから、マルかバツか、とてもクリアーですし単純でした。しかしこれからは、必ずしも正解が唯一ではない問いも出てくるでしょう。そうなると、評価基準が不明確だ、不平等だ、フェアでない、ということが必ず保護者側から出てくるはずです。

ただ、ここで思い出してもらいたいのが、これからの時代は、唯一の正解を追い求めることだけで生きていける時代ではないこと、そして新しい教育につくっていくために、みんなで思考錯誤していかねばならないということ。

だから、当然、混乱することは織り込み済みです。その混乱をけしからんと言って脱皮を拒むのでは、新しい教育改革を乗り越えられるはずはありません。

そう考えると、子どもが教育改革に順応しようとしたときに、親がその混乱が予想される転換期を迎える心構えがないと、親自身が障害とさえなってしまうリスクがあることを、自覚しておいた方がいいと思います。

――また石井さんはこの教育改革をどのように評価していますか。

石井:基本的に、とても評価していますよ。ただ、この改革期を迎えるにあたり、やはり未知なる世界にみんなで入っていこうとするわけですから、とてもわくわくする部分と、不安な気持ちも正直あります。

果たして、思い描くような成果が得られるのか、旗振り役だけが一生懸命で、子どもや親たちも一緒に歩んでもらえなければ、元のさやにおさまっちゃうだけで終わると思います。その意味でも、僕の本(でなくてもいいですが)を通じて、これからの教育について考えてもらいたいですね。

――そして気になるのはやはり子どもの受験です。今回の教育改革で受験にどんな変化が起こるのでしょうか。

石井:本の中でも触れましたが、従来型の受験スタイルから、AO的な枠は間違いなく増えて行くはずです。そのことはつまり、所定の点数をとれば受験に合格する、という時代から、目的意識を自分で持てる子どもが合格するということへの変化とも言えます。

――最後になりますが、教育について不安や悩みを抱える親の方々に向けてメッセージをお願いいたします。

石井:不安や悩みがある方が健全だと思います。その不安や悩みは、恥ずかしいことでも情けないことでもありません。そうした思いを前向きに発散し、子どもやいろいろな人と共有しながら、格闘しながら前に進むことにこそ、価値があると思うし、その姿は子どもにも素晴らしい影響があると思います。

不安や悩みを明るくぶっちゃけ合える、そんな国にしていきたいですね!

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「給料」以外に働くモチベーションは必要か? 人材育成の専門家のアドバイス

放課後の教室清掃は生徒の仕事か?元国会議員が見た海外の学校事情

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。