体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島・高湯温泉でデジタルデトックスに挑戦。俗世と離れてSNS疲れ解消!

福島・高湯温泉でデジタルデトックスに挑戦。俗世と離れてSNS疲れ解消!

いつでもどこでも、仕事のメールを受け取れてしまう現代。就寝前に急ぎの仕事の連絡が来て、ハラハラして眠気が吹っ飛ぶこともあったり……。さらにSNSを見れば、大量の情報が自分の中にドドドッと流れ込んでくる。そんな生活も楽しいんだけれども、たまに、ふと思うのです。「俗世から離れて、静かな時間を過ごしたい」と。

今回は、そんな自分の夢をささやかにかなえる“デジタルデトックス旅”をしようと思い、JR東京駅から新幹線で約1時間40分のJR福島駅に向かいます。グッバイ、俗世。
東北新幹線車内

徹底的に俗世から離れるべく、スマホの電源を切る

中野不動尊で雑念をリセット

まずは雑念をリセットしようと思い、福島駅から飯坂線で花水坂駅まで20分、そこからタクシーで約10分の場所にある、中野不動尊へ。
中野不動尊

滝の音が響いて神秘的

日本三不動のひとつでもある中野不動尊は、厄除不動明王と眼守不動明王、三ヶ月不動明王が祀られているそう。まずは入り口の「とげぬき地蔵」で、人間が持つという五欲(見・声・香・味・觸の五つの欲)を流します。
 中野不動尊 とげぬき地蔵

手水で欲望を流す

体の調子が悪いところと同じ箇所をたわしでこすると「障りのとげが抜かれる」と言われています。私はPCやスマホの使い過ぎによる目の疲れを取りたかったけど、なんとなく地蔵尊の目をたわしでこするのは遠慮しました。たわしで目をこすったら、地蔵尊も痛いよね……? その代わり、強く念じておきます。

中野不動尊の奥には、かつて修験者たちの道場として使われていた洞窟があります。今でも入ることが可能で、1周10分ぐらいで巡ることができます。
中野不動尊 洞窟巡り

洞窟の入り口でお参り

洞窟の入り口はとても暗くて、なかなか勇気が出ずに入り口付近でウロウロ。後から来たおばちゃん集団がワイワイと入って行ったのを見て、安心して私も中へ。ひとりだったら、かなり勇気がいるかもしれません。
 中野不動尊 洞窟めぐり ロウソク

本当に入っていいのか不安になるほど暗い入り口

洞窟の中はところどころ電灯もついているし、一本道なので迷う心配はありません。入り口にロウソクもあるので、それを持って参拝することもできます。道の脇には部屋のような場所があって、そこに三十六の童子が一体ずつ祀られています。

中野不動尊 洞窟めぐり 童子

洞窟の出口付近は、外にある不動滝の裏側を通っています。洞窟内に響く滝音に導かれるように進んでいくと、出口に到着。中野不動尊の参拝コースは、洞窟めぐりまで含めて30~40分ぐらい。なんとなく身が引き締まるようなキリッとした空気が気持ちいい場所で、心がスッキリした気がします。

参拝後は「やなぎや」のおそばで温まろう

中野不動尊で心のデトックスをしたあとは、花水坂駅まで戻り、駅から徒歩3分の場所にあるおそば屋さん「やなぎや」へ。
やなぎや外観

1909年に建てられた商家を改装したおそば屋さん

お店に入る直前、通りがかった地元のおばあちゃんに「ここのおそばはおいしいわよ~」と声をかけられました。地元の人がおすすめするおいしさということで、ワクワクしながら店内へ。
やなぎや内観

天井が高く、趣のある店内

ゆっくりと時間が流れるような心地よい雰囲気の店内なので、女性だけでも気軽に入れそう。今回は、天ぷらとかけそばのセットをいただきました。
やなぎや 天ぷらとかけそばのセット

この辺の名物だというラジウム玉子と共に

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。