ドローンもロボットも手首で操作!大人の遊びゴコロをくすぐるコントロールデバイス「DTing Armlet」が楽しそう

access_time create folderデジタル・IT
アプリのゲームも、ドローンも飽きた。もっと新しい遊びを楽しみたい。そんな大人たちの心を揺さぶるアイテムが、Indiegogoに登場。ドローン、ロボット、ゲーム、RCカーをはじめ、さまざまなアプリケーションをジェスチャーでコントロールできる「DTing Armlet」をご紹介しよう。

・筋肉の動きを検知してデバイスを操作

「DTing Armlet」は、ブレスレット型のデバイスだ。Myo Armbandでおなじみの、SEMGテクノロジーを応用。手首に装着すると、センサーが筋肉の動きを検出。簡単なジェスチャーで、対象デバイスの操作が実行できる。

素材は、熱可塑性ポリウレタン(TPU)。スマホやタブレットケースに多く使われているこの素材は、衝撃にも強く、アレルギーが起りにくい。伸縮も自在で、子どもの手首にもぴったりフィットする。

・SDKでシステム開発にも対応

使うときは、Bluetooth接続の専用アプリをダウンロードする。今回のプレオーダーでは、コントローラーの他、バウンスカー、ボールロボット、ミニドローンも用意。アプリで事前設定するだけで、簡単に遊べるようになっている。開発者向けにSDKも公開されており、独自のシステムを自由に作ることも可能だ。

カラーは、白、黒、赤、ピンク、シアンの5色。出荷予定は、12月。子どものクリスマスプレゼントに間に合うようにという、開発元の配慮だ。価格は、コントローラー単品で59ドル(約6700円)から。デバイスとのセットは、139ドル(約1万5800円)から購入できる。オーダー受け付けは、11月29日まで。

DTing Armlet/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧