ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアルタイム翻訳機能付き?! LINEがワイヤレスイヤホン「Mars」発表

外国を旅行したり、言語が異なる人と接したりするときに便利なのが翻訳アプリ。しかし、それ以上にスムーズな会話を演出するのが翻訳機能付きのイヤホンだ。

GoogleのPixel Budsなどがそれだが、LINEからも同様のワイヤレスイヤホン「Mars」が登場する。翻訳機能付きとなる見込みで、しかも人工知能(AI)アシスタントGlovaを搭載。発売は「2018年の早い時期」としている。

・翻訳は10言語?

翻訳は日本語や英語など10言語に対応するようだ。公開された動画では、言語が異なる人同士がMarsを装着すると、相手の話す言語が自分の言語で耳に届く。

翻訳はリアルタイムなので、それぞれ自分の言葉で話しながらの会話が成り立つというわけだ。

・忠実な“秘書”付き

翻訳機能以外に注目したいのがAI機能。こちらは、すでにAppleのAirPodsなどでおなじみ、パーソナルアシスタントを呼び出せるというもの。

「音楽のボリュームをあげて」「タクシーを呼んで」などとリクエストすると、忠実に実行してくれる。

Marsの価格やバッテリー持続時間など詳細については明らかになっていないが、LINE Globalのツイートによると、2018年の早い時期にまずは韓国でリリースするとのこと。

今後はこうしたAI搭載、翻訳機能付きというのがワイヤレスイヤホンのスタンダードになってくるのかもしれない。

LINE Global Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。