体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』

アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』 アイキャッチ_アーティスト・AK-69 インタビュー アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』孤高のHIP HOPアーティストと称されるAK-69。“HIP HOPのキング”と呼ばれるAK-69さんに、普段あまり語られない学生時代のアルバイト経験談や仕事への向き合い方についてインタビュー。また、10月18日にリリースされたChe’Nelle(シェネル)を迎えてのシングル「I Still Shine feat. Che’Nelle」についてや、同シングルに収録された亡き父への手紙ともいえる「Stronger」に込められた思いについても伺い、内容満載でお届けします。

 

父親が最後に身をもって教えてくれた“優しさは強さ”という言葉の意味。

アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』

――10月18日リリースの「I Still Shine feat.Che’Nelle」は、美しさと力強さをたたえた曲ですね。

Che’Nelle(以下シェネル)とはレーベルメイトで、彼女のヒットシングル「Destiny」を俺がリミックスしたのをきっかけに、一緒に曲を作ることになりました。“止まない嵐はない 明けない夜などない”っていうテーマで曲を作りたいなという想いがずっとあったので、シェネルとだったらそれが歌えると思ったんです。彼女のアルバムの中には本人が作詞・作曲をしている曲もあって、それがまた素敵なので、作詞とR&Bテイストのメロディを彼女に依頼して、彼女が書いてきた英詞の良さを壊さないように、僕が日本語に訳しました。

――運命に翻弄されようと、夢を追う者、夢を諦めかけた者の背中を押してくれるような言葉たちですね。

どうしても起こってしまう愛する人との別れを含め、それでも前へ進もうとする人の後押しが出来たらいいなと思います。

――6月9日にデジタルリリースされ、今回のシングルに収録される「Stronger」では、亡きお父様への愛と感謝が紡がれていますが、お父様との別れを経験されて芽生えた想いが、「I Still Shine feat.Che’Nelle」にも込められているのではないでしょうか。

そうですね。実は「Stronger」と「I Still Shine feat.Che’Nelle」はつながっているんです。親父は、たくさんの人から好かれていて、もちろん大好きだったけど、いつも調子のいい人に見えて、正直に言うと尊敬はしていなかったんですね。でも、身体のあちこちに癌が転移して、主治医に「お父さんは、気丈に振る舞っていますけど、あの呼吸レベルだと、普通の人なら錯乱状態になるくらい苦しいはずです。きっと、今夜を越えられるか越えられないかという状況です」と言われて。見立て通り、翌日の明け方に亡くなったんですけど、最期まで周りの人を気遣っていた、優しくて強い人だったんですよ。その時に教えられたのが、“優しさとは強さ”なんだということで、それを曲に込めました。

 

HIP HOPでもっともっと大きなムーヴメントを起こしていきたい。

アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』

――心動く言葉ばかりです。ちなみに、2016年には新たなマネジメント事務所を設立して独立、アメリカの老舗名門レーベルへの電撃移籍をされたり、以前よりアパレルブランド“BAGARCH”をプロデュースされるなど挑戦を続けていますが、新たな一歩を踏み出すパワーはどこから生まれるのでしょうか?

どこなんでしょうねぇ。自分でも、たまに不思議だなと思いますよ(笑)。でも、ついてきてくれている仲間を裏切るわけにはいかないという責任感があるし、一番は“男としてカッコよく在りたい”という想いがあるからかな。自信があるように見えて全然自信がない俺ですけど、有言実行できたらカッコイイし、大きな達成感も得られますからね。ひとつ達成すると、またすぐ次の目標へと気持ちが向かうんですよ。

――だから、前へ前へと進めるわけですね。さらに、その先に描く夢とは?

“HIP HOPのキング”と呼ばれるようになって何年も経ちますけど、このシーンやビジネスを日本でもっと大きなものにして、HIP HOPでメシを食える人を増やしたいなと。アルバム『DAWN』で、UVERworldや清木場俊介くんといったジャンル外のアーティストとコラボレーションしたみたいに、いろいろ巻き込んで、もっともっと大きなムーヴメントを起こしていきたいですね。

 

長く続けたのは好奇心を満たしてくれた車関係の仕事。

アーティスト・AK-69 インタビュー 『挑戦を続けるのは、男としてカッコよく在り続けるため』

――シーン全体を通して考えていらっしゃるんですね。では、ここからはバイト経験についてお伺いしたいのですが、初めてのバイトはなんでしたか?

最初は、高1の時ですね。親戚のおじさんがやっているメシ屋の皿洗いでした。その時は、単純に遊ぶ金が欲しかったんですよ。でも、バイトの日を憶えられなくて(笑)。すっかり忘れて友だちと遊んでいたら「なんで来んのだ⁉」っていう電話がかかってくるっていう。もう、それがしょっちゅうでした(苦笑)。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。