体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消臭スプレー4種比較!『ファブリーズ』『リセッシュ』『ハイジア』『ノンスメル』を使い比べてみた

 

1998年に『ファブリーズ』が日本上陸してからまもなく20年。消臭スプレーが家庭の必需品になって久しい。今回は『ファブリーズ』とそのライバル『リセッシュ』『ハイジア』『ノンスメル』計4種類を使い比べてみて、使用感をレポートする。

 

みんな気になる、ファブリーズとリセッシュの違い

「ファブリーズとリセッシュの違いって?」そう考える人は多いようで、2年前に掲載した比較記事がいまでもよく読まれている。当時の担当記者は、リセッシュをメインにハイジアと使い分けるという結論を出した。

担当記者はメインが『リセッシュ』、サブで『ハイジア』を選んだ。

 

だが前回の比較から既に2年。各ブランドはリニューアルしているし、あらためて2017年現在の各商品を使い比べてみたい。相変わらず『ファブリーズ』の存在感は強いが、最近では予防消臭を謳う『リセッシュ』も負けていない。さらに『トップ HYGIA(ハイジア)衣類・布製品の除菌・消臭スプレー』も頼り甲斐があるし、業務用から転換して来たニューフェイス『ノンスメル清水香』も気になる存在だ。

 

各ブランド、様々なバリエーションが存在するが、そもそもファブリーズの革新性はニオイを「消す」点にあった。なので今回は”香りが残らない”タイプに絞って検証する。

 

『ファブリーズ ダブル除菌』

P&G/370ml・実勢価格 税込315円・2016年7月発売

1998年に布用消臭スプレーとして日本に上陸した「ファブリーズ」。その半年後には除菌効果を追加した「除菌プラス」がラインナップに加わり、印象的なテレビCMとともに日本の消臭・除菌シーンを引っ張って来た存在だ。当初は水を使わないのに”丸洗い”という表現はいかがなものかと物議を醸したこともあったが、今はむしろその表現が定着。

その消臭メカニズムはトウモロコシ由来消臭成分、除菌成分(有機系)、香料を使ったもので、2016年からは分解消臭イオンも配合。酸性・アルカリ性どちらの匂いも抑える中和消臭成分と体臭、皮脂臭、加齢臭に作用するポリマー消臭成分を強化した。

実際に使ってみると、驚くのはスプレー部分の改良だ。マイルドにパーっと広がり、布に寄り添うように噴射されるそのスプレーの使い勝手の良さはダントツ。布がしっとりするまで吹き付けるまでシュッシュするのが基本とはわかりつつも、布にかからない分が無駄に感じていたが、このスプレーなら無駄がない。

ただ「ファブリーズ」が不利だなあと思うのは、その香り。おなじみの香りでいかにも”除菌・消臭しました感”がつきまとう。いわばファブリーズばれ。ファブばれが嫌だという人は他のアイテムを選んだ方がいい。

 

 

布用という用途だが、その範囲は幅広く、カーペットや靴、敷物、ソファ、カーテンを含む家中に活用可能。”香りは残らない”タイプではあるが、生乾きタオルに噴射したところ、多少の残り香は感じた。あと、気のせいか布地がざらつく印象がある。

ファブリーズ 消臭スプレー 布用 W除菌 370mL
ファブリーズ 消臭スプレー 布用 W除菌 370mL

 

リセッシュ除菌EX 香りが残らないタイプ

花王/370ml・実勢価格 税込318円・2017年3月にパッケージのみリニューアル発売

トップシェアの『ファブリーズ』に迫る勢い、2005年登場の『リセッシュ』。除菌イメージが強い。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。