体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リノベーションに適した中古一戸建てってどんな家?選び方のポイントは?

リノベーションに適した中古戸建ってどんな家?選び方のポイントは?

「中古の一戸建て住宅を購入して自分好みの住まいにリノベーションしたい」という人が増えています。とはいえ、中古一戸建ての購入には注意すべき点が多く、どのように選んだら良いのか素人には分かりにくいこともたくさん。どんな条件の物件が良いのか、リノベーションしやすい物件を選ぶポイントは何か、注意すべき点とあわせて詳しくご紹介します。

中古の一戸建て住宅を購入してリノベーション、その魅力は?

中古一戸建てを購入してリノベーションするのは、新築の建売住宅や注文住宅を買うのとどんな違いやメリットがあるのでしょうか。

●建売住宅より魅力的な点

・購入費用が安く、リノベで好みの家を得やすい

国交省の「平成28年度住宅市場動向調査」によると分譲一戸建て住宅(建売住宅)の平均は3810万円、中古一戸建て住宅は2693万円で1100万円以上の差があります。リノベーションに1100万円を掛け、建売住宅と同じ予算を使った場合でも、自分好みの内装や設備を選べる分、画一的な建売住宅に比べて満足度は高いというケースが多いのではないかと思われます。

・流通量が多い

希望のエリアでなかなか新築物件を探すことは難しい場合がありますが、中古なら見つかる可能性が高くなります。

●注文住宅より魅力的な点

・購入費用が安い

国交省の「平成28年度住宅市場動向調査」によると土地を購入して注文住宅を建てる費用の平均は4194万円。既存の家を解体して建て替える場合は土地代が掛からないものの、3249万円が平均となっています。中古一戸建て住宅(もちろん土地代込み)の平均購入費用2693万円に比べて、それぞれ1501万円、556万円、高額になっています。

●中古一戸建て住宅の注意点

・構造の見えない部分の状態を確認できない

表面からは構造部分の状態が分からず、いざスケルトン状態にしてみたら補強工事等に予定外のコストが掛かってしまうケースも考えられます。診断費用は掛かりますが、ホームインスペクター(住宅診断士)や一級建築士など専門家に確認してもらうと安心です。

・瑕疵担保期間が短い

購入前に気づかなかった瑕疵(欠陥)があった場合、買主は売主から修理や保証を受けられます。新築は構造耐力上の主要部分と雨水の浸入を防ぐ部分について10年間の保証がありますが、中古住宅は売主が法人の場合で2年間、売主が個人なら3カ月と短く、なかには保証がない建物もあるので、契約書を確認するなど注意が必要です。

中古でも、リノベーション住宅推進協議会の品質基準で認定された「リノベーション適合住宅・R5住宅」のように、構造部分が5年、それ以外は2年の保証があるものもありますが、まだ登録件数が多くはないのが現状です。【画像1】グレーの壁色の大きな吹抜け空間に白い階段を配して個性的に。その家が持つ特徴を最大限活かして魅力的な住まいに変身させるのが、リノベーションの力(写真提供/株式会社リビタ) 【画像1】グレーの壁色の大きな吹抜け空間に白い階段を配して個性的に。その家が持つ特徴を最大限活かして魅力的な住まいに変身させるのが、リノベーションの力(写真提供/株式会社リビタ)【画像2】収まりの良い収納家具や造作のテーブルで、統一感のある空間に(写真提供/株式会社リビタ) 【画像2】収まりの良い収納家具や造作のテーブルで、統一感のある空間に(写真提供/株式会社リビタ)【画像3】マンション事例ですが、既存の建物の古びた味わいや無骨さをそのままインテリアとして活かすのもリノベーションの魅力(写真提供/株式会社リビタ)

【画像3】マンション事例ですが、既存の建物の古びた味わいや無骨さをそのままインテリアとして活かすのもリノベーションの魅力(写真提供/株式会社リビタ)

リノベーションに適した中古一戸建て住宅は何をチェックすればいいの?

築年数の古いもの、比較的新しいもの、大きな家、小さな家、木造、RC造など、中古一戸建て住宅にはさまざまな家があります。そのなかで、リノベーションに適した中古一戸建てというのはどういうものなのでしょうか。

「中古の一戸建て住宅はマンションに比べて、条件や家の状態が多彩なため、物件を見極めることがとても重要です」と話すのは、株式会社リビタ、リノベーションフルサポートサービス事業部(リノサポ)の桜庭伸也さんと鈴木芽久美さん。お二人は、物件探しから資金計画、設計・施工会社選び、引き渡しまで、中古リノベーションのトータルサポートを担当しています。【画像4】家を購入してリノベーションをする人をサポートしているリビタの鈴木芽久美さんと桜庭伸也さん(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】家を購入してリノベーションをする人をサポートしているリビタの鈴木芽久美さんと桜庭伸也さん(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

「ポイントは、耐震性・コスト・構造になります」と桜庭さん、鈴木さん。

●2000年以降に申請された家は基本性能工事のコストが低く済む

「購入対象となる中古一戸建ての目安としては、木造住宅の改正建築基準法(現行法)が施行された2000年6月以降に建築確認申請された家がお勧めです。それ以前の建築基準法の耐震基準で建てられた家は耐震性が低い家がほとんどだからです。日本木造住宅耐震事業者協同組合(木耐協)の調査によると、1950年から2000年までに建てられた、2階建て以下の木造在来工法住宅の9割以上の家が、耐震性が不足しているそうです」

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。