ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

落ちこぼれ大学生でも年収2000万円。“世界一ハードルが低い”起業術とは

落ちこぼれ大学生でも年収2000万円。“世界一ハードルが低い”起業術とは

「年収2000万円超の現役大学生」というと、にわかに信じられないと思う人もいるかもしれません。

その人の名は「清水和希」。ごくごく普通の日本的家庭に生まれ育ち、2浪した末に運よく明治大学に合格。しかし、大学の授業料を支払うために奨学金だけでは足りず、毎日アルバイトをした結果、単位を落としまくり、さらに2年の秋には休学…。

そんな「落ちこぼれ大学生」だった清水さんが、起業してわずか1年で年収2000万円突破と、ビジネスの才能を見せつけているのです。

しかし一体清水さんはどのようなビジネスでお金を稼いでいるのでしょうか。その方法が書かれている『世界一ハードルが低い! 1日1時間らくらく起業術』(清水和希著、ぱる出版刊)から、清水さんの起業秘話をご紹介しましょう。

■ビジネスを通して知った労働の味と、本当の「稼ぎ方」とは?

もちろん起業するまで社会人経験は「ゼロ」だった清水さん。なぜ起業をするに至ったのでしょうか?

それは2015年の夏のこと。ツイッターで知り合った若者から「億単位のお金を稼いでいる同世代がいる」ということを聞いたのがきっかけでした。

すぐにその人に会いに行った清水さんは、そこで「情報起業」という言葉を知ります。

「情報起業」とは情報やノウハウを商品とするビジネスのことで、インターネットの活用により小資本で立ち上げることができることが特徴です。清水さんが知った時には、すでにブームは去っていましたが、「去った今だからこそチャンスがある!」と思っていたそうです。

こう見ると、清水さんのフットワークの軽さが際立ちますよね。

実はこの前にもネットワークビジネスに取り組んでいた期間があり、そこで月5万円程度を稼いでいた経験を積んでいました。

しかし、ネットワークビジネスは、清水さん自身が働かないと稼げないため、「あまりサラリーマンと変わらないな」という印象を持っていたとのこと。

お金持ちになるには、労働力を売る側ではなく、買う側にならないといけません。ネットワークビジネスを「商品ライセンスを持っている人が、労働力を安く買い取るための仕組み」と指摘する清水さんには、「労働」の本質が見えていたのでしょう。

■労働者を雇うのではなく…自動化で手をかけない!

清水さんの伝授する起業術は「1日1時間からできるプチサク起業」です。プチサク起業とは、自分のちょっとした成功体験を元に起業することだそうです。まずは気軽に副業気分ではじめ、月10万円、さらにそこから年収2000万円を目指すという方法がつづられています。

「プチサク起業」のキモは、労働者を雇うのではなく、インターネット上の「システム」を雇って働かせるということ。プログラムならば24時間起動させていても問題はありません。

また、デジタル商品はコピーが容易なため、自動販売システムと組み合わせてしまえば、いくらでも複製して販売し続けることができるようになります。

自分自身が人一倍「飽きっぽくて」「サボりたがり」だと自認する清水さん。だからこそ、生まれた成功が本書には詰まっています。

日々忙しいのに、なかなか年収が上がらないビジネスパーソンにとっては「働き方」を含めて学びがたくさんありそうです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

ソニー出身の起業家が語る 松下幸之助の「本当の凄さ」とは

「養護施設育ち、三度の少年院行き、中卒」の経営者が語る 「悩まない」ための仕事術

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき