ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【車好きの旦那さん必見】妊娠した妻が「やっぱウチもミニバンに買い替えたい」とか言い出したら?

▲子育て期間中はミニバンや、それに準ずるホンワカとしたタイプの車が何かと便利なもの。しかしカーマニアとしての自分の矜持も捨てがたい……となったとき、我々はどうすればいいのでしょうか?

▲子育て期間中はミニバンや、それに準ずるホンワカとしたタイプの車が何かと便利なもの。しかしカーマニアとしての自分の矜持も捨てがたい……となったとき、我々はどうすればいいのでしょうか?

ミニバン購入を迫られたら、覚悟を決めて「発想の転換」を

全国一千万の輸入中古車愛好家男性の皆さん、こんにちは。相変わらずホットハッチやクーペ、あるいは2シーターオープンなどで好き勝手なカーライフを送っておられますでしょうか? そうですか、送っておられますか。それは何よりです。

しかし、貴殿のそんな好き勝手な輸入車ライフを許容あるいは黙認してこられた話のわかる奥さまも、いざ第一子や2人め等を妊娠したともなれば、「ウチもそろそろミニバンとかに買い替えた方がいいと思うんだけど……」などと保守的なことを言いだすものです。

とんでもない問題発言です。

や、もしも貴殿が「うむ、そうだな。生まれてくる子供のためにもミニバンを買おうじゃないか!」と心底思えるなら、それはそれで幸せな選択となるでしょう。あるいは「ミニバンはちょっとアレだけど、まぁ国産SUVにでもしようかねえ」と思える場合も同様です。

▲もちろん、良きパパとしてミニバンやSUVなどを購入し、家族のシアワセ第一で生きるのも男の花道です。これからの季節は紅葉とかも家族で見に行きたいですしね

▲もちろん、良きパパとしてミニバンやSUVなどを購入し、家族のシアワセ第一で生きるのも男の花道です。これからの季節は紅葉とかも家族で見に行きたいですしね

ですが貴殿がどうしてもミニバン/SUV的な何かには転向したくない場合、つまり「運転自体が楽しめるタイプの車」に乗り続けたい場合は、妻の要望にどう対応するべきでしょうか?

我を通して妻と口論し、輸入ホットハッチやクーペなどに乗り続ける? ……他人の人生ですからとやかく言うつもりはありませんが、それってやっぱり大人として、父になる男として、正直ちょっとどうかなとは思います。

ここはやはり「発想の転換」をするのが正解となる局面でしょう。

「妻の妊娠・出産により、自分の趣味活動がおびやかされるタイミング」ではなく、「ステキな輸入ステーションワゴンへ乗り替えるべきタイミングがやってきた!」ととらえるべきなのです。

▲「クーペやホットハッチもいいけど、ついに俺にもこんな感じのステーションワゴンに乗るべき人生のステージが到来したのだ!」と、前向きに考えることにしましょう

▲「クーペやホットハッチもいいけど、ついに俺にもこんな感じのステーションワゴンに乗るべき人生のステージが到来したのだ!」と、前向きに考えることにしましょう

妻と夫それぞれのニーズの「最大公約数」はステーションワゴン!

そう、ここで選ぶべきは「輸入ステーションワゴン」です。まぁ国産ステーションワゴンでも構いませんが、国産ワゴンは不遇の時代が長く続いていますので、必然的に輸入車になる可能性が高いでしょう。

そして輸入ステーションワゴンこそが、「妻のニーズ」と「貴殿のニーズ」が最適な形でクロスするポイントなのです。

妻は「普通に鉄の屋根があって、後ろにもちゃんとドアがあって人やチャイルドシートを載せられて、うるさくなくて、エアコンが利いて、荷室も広い車」を求めています。皆がミニバンに乗っているから何となくミニバンと言ってみただけで、本当のニーズはコレです。

一方、貴殿の本質的なニーズは何でしょうか? まぁあなたは車好きですからいろいろあるのでしょうが、ざっくり言ってしまえば「気持ちよく操縦できて、なおかつビジュアルや存在感がいい感じの車に乗りたい」ということなはずです。

であるならば、両者の妥協点は「ステーションワゴン」でしかないことは明白です。

クーペ? アルファロメオのアルファGTみたいな後席が広いクーペなら、実は子育てCARにもなり得るのですが、奥さまをいきなり納得させるのは少々難しいでしょう。小粋なハッチバック? わかりますが、サイズ(積載性)の点でクーペと同様です。オープンカー? 論外です。

となればステーションワゴンしかないんです。セダンでもいいですが、どうせなら荷室の広いステーションワゴン版を選ぶのが、父になる男の責任というものでしょう。荷室の分だけ操縦性は多少アレになりますが、ごく多少です。そんなものは「父になる男の責任」の名のもとに各自処理してください。

▲厳密に言えばセダンよりも操縦時の快感は劣るステーションワゴンですが、最近のそれは良く出来てますので、不満はほとんどないはず。そして荷物がたくさん乗るのに空力も悪くない。「パパ」にとってはいいとこだらけです

▲厳密に言えばセダンよりも操縦時の快感は劣るステーションワゴンですが、最近のそれは良く出来てますので、不満はほとんどないはず。そして荷物がたくさん乗るのに空力も悪くない。「パパ」にとってはいいとこだらけです

総額100万円台で買える低走行輸入ステーションワゴンはコレです!

さて、「じゃあどんな輸入ステーションワゴンを選ぶべきか?」という問題ですが、もしも貴殿のご予算が豊富なら、何でもお好きなモノを選べばいいでしょう。ガソリン代や税金は結構かかりますが、メルセデスAMGのE43 4MATICステーションワゴンなんかも最高です。

しかし普通の家庭人はなかなかそうもいきません。経済事情は人それぞれでしょうが、できれば「新車でダイハツ タントを買うのと同じぐらいか、それに毛が生えた程度の予算」で収めたいのが人情かと思われます。

そうである場合には、例えば旧型BMW 3シリーズツーリングは素晴らしい選択となるでしょう。

▲こちらが旧型BMW 3シリーズ ツーリング
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy