ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホをワンタッチ操作で応答可能にするaPaaS「BrainShop」を無料公開中

近年、人間との相互コミュニケーションを実現する会話型AIの存在感が顕著になりつつある。

「BrainShop」と呼ばれる会話型AI技術を実装した携帯端末は、人間の言葉を理解し、人間によるワンタッチ操作で応答可能だ。

・2言語間の切り替えがスムーズ

「BrainShop」の開発に携わったAcobotは2010年に創業したばかりのスタートアップである。同社は創業以来、英語対応の会話型AIの開発に注力してきた。

「BrainShop」は英語と中国語(簡体字)の2言語に対応。必要に応じて、両言語がスムーズに切り替わるようになっている。今後は市場の需要を加味し、対応言語を増やしていく予定である。

・中小企業向けAPIプラットフォームとして

「BrainShop」はアプリ開発者向けのaPaaS(アプリケーション・プラットフォーム・アズ・ア・サービス)というもう一つの顔を持つ。

AIの開発に要する費用は決して安価ではない。Googleやマイクロソフト、IBMなどの大手のみならず、中小企業にもAI事業への参入のチャンスを与えるべく登場したのが無料の「BrainShop」(β版)である。

機械に人間の言語を理解させ、人間の言語での応答を実現させる点で、IBM「ワトソン」やグーグル「テンソルフロー」とは一線を画する。

コーディングの知識を一切必要とせず、脳やバーチャルロボットの専門家とミーティングを開いているような使い心地だ。AIにビジネス方針などを教え込むだけで、SiriやCortanaに準ずる独創性に富んだAI関連製品を容易に生み出せるようになる。

BrainShop

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy